葬式の種類

仏教形式の葬式

 日本で最も普及している宗教が仏教です。そして葬式で選ばれるのも仏教形式の葬式です。

 仏教が渡来してから仏教形式の葬式が行われるようになり、江戸時代の檀家制度という日本人全てを近隣の寺院を菩提寺として帰属させる制度が制定されたことによって、 さらに仏教形式での葬式が広まりました。

 仏教形式の葬式では僧侶を呼び、通夜での枕経など葬式は僧侶の読経がつきものです。通夜、本葬儀では焼香を行い、遺体は主に火葬されます。

 日本では元来火葬ではなく、遺体を棺に納めてそのまま土へ埋葬する土葬や、遺体を野にさらして鳥獣に食わせる野葬が行われていました。火葬も存在しましたが、実際 現代のように遺体の焼却技術が発達していたわけではありませんので、大量の薪などの燃料を必要としていました。そのため費用がかさみ、実際に火葬は高貴な身分など一部の人間の間で行われて いました。

 この火葬が発展したのも仏教が爆発的に広がったためとも考えられ、一時期は神道の葬儀の興隆によって火葬禁止令がでたこともありましたが、仏教徒の反発や衛生面など の理由で今日に至るまで火葬は仏教の葬式と同じく広く普及しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葬式のお役立ちサイト|葬式のマナーが知りたい

2style.net