南信州 大鹿村 塩の里
鹿塩温泉 塩湯荘


イラストクリックで大きくなります


ここは、長野県、南アルプスのふもとにある大鹿村。

  鹿塩温泉 塩湯荘は、創業明治三十七年。

 山奥なのに塩辛い、不思議な温泉の宿です。

スクロール



ちょっと、寄っておいきて。

みんなは、大鹿村がどこにあるか、知っとるかなむ?

伊那谷から、南アルプスに向かって、まっと、ずう〜〜〜っっ・・・

・・・・・・・・っと(20km)山奥に入った、山奥谷なんだに。

そこには、昔っから海のようにしょっぱい塩の泉があってなむ。

鹿がそれを飲んでおったから、見つかったっちゅうことで、

平安の時代から、ここは、鹿塩(かしお)と呼ばれとった。

こんな山奥じゃあ、塩は何ちゅっても貴重だったで、

ここは特別な所な。

不思議だなむ。




*********ようこそおいでくださいました*********

当館の主人(あるじ)手作りのホームページにつき、
お見苦しい点、多々あるかと存じますが、
御容赦のほど、お願い申し上げます。

******************************************





2style.net