立命館大学能楽部 - 能・狂言のサークル

文章倉庫 » 能「田村」全文現代語訳


シテ:地主神社の童子 後シテ:坂上田村麿の霊 ワキ:旅僧 アイ:清水寺門前に住む者 地謡:コーラス兼ナレーター 場所:清水寺・地主神社
一部原文と字体や句読点を変えた部分があります。また厳密な現代語訳ではありません。ご了承ください。

ワキ『鄙の都路隔て来て。鄙の都路隔て来て。九重の春に出ふよ。』 地方から都への道をこえて、都の春を見に行きます
ワキ『これは東国方より出でたる僧にて候。我未だ都を見ず候ふ程に。此春思ひ立ち都にのぼり候。 』 これは東国の方から来た僧です。私はまだ都を見たことがないので、この春思い立って都に参った次第です。
ワキ『頃もはや。弥生なかばの春の空。弥生なかばの春の空。影ものどかにいづる日の。霞むそなたや音羽山。瀧の響も静かなる。清水寺に着きにけり。清水寺に着きにけり。』 時の頃は、三月なかば。春の空には日が昇り、うららかな光が満ちています。遠くにぼんやりと見えるのは音羽山。滝の響きも静かに響く清水寺につきました。
ワキ『都清水寺に着きて候。心静かに花を眺ようずるにて候』 急いだところ、都の清水寺に着きました。心静かに桜を眺めようと思います。
シテ『おのづから。春の手向となりにけり。地主権現の。花ざかり。それ花の名所多しといへども。大悲の光色添ふ故か。この寺の地主の桜にしくはなし。さればにや大慈大悲の春の花。十悪の里に芳しく。三十三身の秋の月。五濁の水に。影清し。』 自然と、春になりました。地主権現の花盛りです。花の名所は多いというけれど、観音の慈悲の光が彩りを添えているためか、地主の桜ほど素晴らしいものはない。それならば仏の慈悲を受けた春の花は濁った人間界に芳しく香り、慈悲の光を湛えた秋の月は濁水のような人間の世を清い光で照らし出す。
シテ『ちはやぶる。神の御庭の雪なれや。 白妙に雲も霞も埋もれて。雲も霞も埋もれて。いづれ。桜の梢ぞと。見渡せば八重一重げに九重の春の空。四方の山なみ自ら。時ぞとみゆる気色かな。時ぞとみゆる気色かな。 』 不思議な力に満ち溢れた神の元、月に照らされた雪のように降る桜の花。 真白に、雲や霞に溶け込んで、どれが桜の梢だろうかと。見渡せば八重桜に一重桜。実に都の春の空。四方を囲む山並みも自然と春の盛りとみえる様だ。
ワキ『いかにこれなる人に尋ね申すべき事の候』 もし、そこにいる人に尋ねたいことがあります
シテ『こなたの事にて候ふか何事にて候ふぞ。』 私のことでしょうか、どうしたのですか。
ワキ『見申せばうつくしき玉箒を持ち。木蔭を清め候ふは。もし花守にて御入り候ふか。』 見たところ美しいほうきを持って、木陰を掃除していらっしゃるあなたは、もしかして花守の方ですか。
シテ『さん候これはこの地主権現に仕へ申す者なり。いつも花の頃は木蔭を清め候ふほどに。花守とや申さん。また宮つ子とや申すべき。いづれによしある者と御覧候へ。』 そうです、私はこの地主権現にお仕えする者です。いつも桜の時期は木陰を掃除しているので花守と呼ばれています。また宮つ子とも呼ばれていますが、どちらにしてもこの神社の関係者だと思ってください。
ワキ『げにげによしありげに見えて候。まづまづ当寺の御来歴。くわしく語り給ふべし』 関係者の方だとは思いました。それではこの寺の歴史を詳しく教えてくださいな。
シテ『そもそも当寺清水寺と申すは。大同二年の御草創。坂上田村麿の御願なり。昔 大和の国、子島寺といふ所に。賢心といへる沙門。生身の観世音を拝まんと誓ひしに。ある時木津川の川上より金色の光さししを。尋ね上つて見れば一人の老翁あり。かの翁語つていはく。我はこれ行叡居士といへり。汝一人の檀那を待ち。大伽藍を建立すべしとて。東をさして飛び去りぬ。されば行叡居士といつぱ。これ観音薩埵の御再誕。また檀那を待てとありしは。これ坂上田村麿。』 そもそも当寺、清水寺というところは、大同二年に坂上田村麻呂の発願で作られました。昔、大和の国の子島寺という所に賢心という僧が、本物の観音菩薩を拝もうと誓ったところ、ある時、木津川の川上から金色の光が差してきたので、それを辿って川を上っていくと一人のお爺さんがいました。このお爺さんは「私は行叡居士。お前には一人のスポンサーが現れるからそれを待って、大きな寺を建てるのだ」と言って東の方に飛び去った。行叡居士というのは観音菩薩の生まれ変わり。また彼の前に現れるというスポンサーというのが坂上田村麻呂のことだったのです。
地謡『今もその。名に流れたる清水の。名に流れたる清水の。深き誓も数々に。千手の。御手のとりどり様々の誓ひあまねくて。国土万民を漏らさじの。大悲の影ぞありがたき。げにや安楽世界より。今この娑婆に示現して。我らが為の観世音。仰ぐも愚かなるべしや。仰ぐも愚かなるべしや。』 今も有名な清水寺にこめられた観音の民を救いたいという深い願いの数々。千手観音の手に込められた様々の誓いは果てしなく。あらゆる人々を残らず救おうという大いなる慈悲のなんとありがたいことか。安楽の世界から今この人間界に姿を現した我らのための観世音菩薩。言い尽くせぬ素晴らしさよ。
ワキ『近頃おもしろき人に参り逢ひて候ふものかな。また見え渡りたるは皆名所にてぞ候ふらん。御教へ候へ。』 何とも風流な方にお会いしたものだ。またココから見える所はみな名所だと思うのですが、どのようなところかそれぞれ教えてください。
シテ『さん候皆名所にて候。御尋ね候へ教へ申し給ふべし。』 そうですねみな名所です。どこが知りたいかいってください。そうすればそれぞれの名所をお教えしましょう。
ワキ『まづ南に当つて塔婆の見えて候ふは。いかなる所にて候ふぞ。』 それではまず、南の方に塔が見えるのですが、あれはどのようなところなんですか。
シテ『あれこそ歌の中山清閑寺。今熊野まで見えて候へ。』 あれこそ清水寺の枕詞になった中山の清閑寺。今熊野観音まで見えますよ。
ワキ『また北に当つて入相の聞え候ふはいかなる御寺にて候ふぞ。』 また、北の方で夕暮れの鐘が聞こえるのは、なんというお寺なのでしょうか。
シテ『あれは上見ぬ鷲の尾の寺。や。御覧候へ音羽の山の嶺よりも出でたる月の輝きて。この地主の桜に映る景色。まづまづこれこそ御覧じ事なれ。』 あれは上見ぬという枕詞で有名な鷲の尾の寺です。おや、ご覧ください、音羽の滝のみねから月が輝いてこの地主の桜を照らし出していますよ。これこそ一番の名所ですね。
ワキ『げにげにこれこそ暇惜しけれ。こと心なき春の一時。』 本当にその通りです。別の事を考えるのは惜しいほど美しい春のひとときですね。
シテ『げに惜むべし。』 あぁ本当にこの時間が過ぎてしまうのは惜しい
ワキ『惜むべしや。』 惜しいですね
シテ・ワキ『春宵一刻価千金。花に清香。月に影。』 春の夜の一刻は千金ほどの価値がある。花は香しく、月は光に溢れて…
シテ『げに千金にも。替えじとは。今此時かや。』 それでも千金にすらかえたくないのは、今この瞬間かもしれない。
地謡『あらあら面白の地主の花の景色やな。桜の木の間に漏る月の。雪もふる夜嵐の。誘ふ花とつれて散るや心なるらん。』 ああ素晴らしい地主の花の景色だろうか。桜の木の間から漏れる月光に輝く花びらは雪の夜の嵐のように。誘う花に連れられて、乱れ散り、浮き立つのは人の心。
地謡『さぞな名にし負う。花の都の春の空。げに時めけるよそほひ。青楊の影緑にて。風のどかなる。音羽の瀧の白糸の。くり返しかへしても面白やありがたやな。地主権現の。花の色も異なり。』 流石花の都の春空の代名詞。実に今、最高潮の有様。青陽の光は緑で、風は穏やかに吹く。音羽の滝の白糸のような流れは幾度繰り返しても美しく、そのいわれの通りありがたいことだ。地主権現の花の美しさは格別である。
シテ『ただ頼め。標茅が原のさしも草。』 ただ祈れ、ヨモギ草のように命短き下々の民よ。
地謡『我世の中に。あらんかぎりはの御誓願。濁らじものを清水の。緑もさすや青柳の。げにも枯れたる木なりとも。花桜木のよそほひ。いづくの春もおしなめて。のどけき影は有明の。天も花に酔へりや。面白の春べや。あら面白の春べや。』 私は世の中にあらんかぎりの祈りをささげる。濁ることのない清水に青柳は緑の光をこぼす。枯れてしまった木ですら、観音の慈悲の前では花開く。どのようなところにも春は訪れ、穏やかな光が差す。天も咲き誇る花に酔いしれて、ああなんと素晴らしい春だろう。
地謡『げにやけしきを見るからに。たゞ人ならぬ粧のその名いかなる人やらん。』 様子をみているとただの人ではないように見えますが、あなたの名前はなんですか。
シテ『いかにとも。いさやその名も白雪の。跡を惜しまば此寺に帰る方を御覧ぜよ。』 おっしゃる通り私の名はご存じないでしょう。名前を知りたければこの寺の中に私が帰る場所をご覧あれ。
地謡『帰るやいづくあしがきの。ま近きほどか遠近の。』 帰る場所とはこの近くにはあちこちのお堂がありますが、どこのことでしょうか。
シテ『たづきも知らぬ山中に。』 頼りになるものもない山の中で
地謡『おぼつかなくも。思ひ給はば我が行く方を見よやとて。地主権現の御前より。下るかと見えしが。くだりはせで坂の上の田村堂の軒もるや。月のむら戸を押しあけて。内に入らせ給ひけり内陣に入らせ給ひけり。』 不安にお思いになるなら私が行く場所を見ろと童子は言った。地主権現の前から坂を下るかと思ったが童子は下らずにそのまま坂の上にある坂上田村麿を祠った田村堂へ。軒からまばらに漏れる月明かりに照された戸を押し開けて、その中に姿を消してしまったのだった。
(中入り・間狂言)
ワキ『夜もすがら。ちるや桜の蔭に居て。ちるや桜の蔭に居て。花も妙なる法の道。迷はぬ月の夜と共に。かの御経を読誦する。この御経を読誦する。』 夜を徹して、散り行く桜の木の下に座り、聞くもありがたい仏法の道理を説く。月は夜空を迷うことがない。私の心も月と共に迷いなくこの法華経を読み上げるのだ。
シテ『あらありがたの御経やな。清水寺の瀧つ波。まこと一河の流を汲んで。他生の縁ある旅人に。言葉を交す夜声の読誦。是ぞ則ち大慈大悲の、観音擁護の結縁たり。』 あぁ、ありがたい御経だな。清水寺の滝の波のうち一つの流れを汲むような低い確率の中で出会った旅人と言葉を交わすきっかけとなるのは夜に経を読む声。これもまた観音の慈悲の元で引き合わされた必然の縁なのだろう。
ワキ『ふしぎやな花の光にかゝやきて。男体の人の見え給ふは。いかなる人にてましますぞ。』 不思議なことに花の光に浮かび上がったその姿は気高く甲鎧を身に纏った姿をしている。あなたは一体誰なんですか。
シテ『今は何をかつつむべき。人皇五十一代。平城天皇の御宇に有りし。坂上田村麿。』 今は何も隠す事はない。私は五十一代天皇、平城天皇の治める世に生きた坂上田村麻呂。
地謡『東夷を平げ悪魔を鎮め。天下泰平の忠勤たりしも。即ち当寺の仏力なり。』 東夷を平定し鬼神を鎮め、天下泰平に尽力した。これを助けたのはすなわちこの清水寺の仏の力であったのだ。
地謡『然るに君の宣旨には。勢州鈴鹿の悪魔を鎮め。都鄙安全になすべしとの。仰によつて軍兵を調へ。既に赴く時節に至りて。此観音の仏前に参り。祈念を致し立願せしに。』 さて天皇から下された命令は「勢州鈴鹿に住む鬼神を鎮め、都と地方都市の安全を取り戻せ」とのこと。軍兵をととのえ、ついに出陣という時になって、この清水の観音の前に参って、祈りを捧げ願いをかけたところ
シテ『不思議の瑞験あらたなれば。』 不思議とめでたい相がでたので
地謡『歓喜微笑の頼を含んで。急ぎ凶徒に。打つ立ちけり。』 観音が慈悲の微笑みをくれたのだと思い、急いで都を出発し、反逆者たちに立ち向かっていった。
地謡『普天の下。卒土の内いづく王地にあらざるや。やがて名にし負ふ。関の戸ささで逢坂の。山を越ゆれば浦波の。粟津の森やかげろふの。石山寺を伏し拝み是も清水の一仏と。頼みはあひに近江路や。勢田の長橋ふみならし駒も足なみ勇むらん。』 大空の下、地の果てまで全てが統治されるべき国土である。逢坂の山を越えていけば粟津の森に出た。本尊が観音なので清水寺と同じ仏であるとして石山寺を伏し拝み、勢いをつけて近江路を、勢田の長橋を踏み鳴らす馬の足音も勇ましく進んでいく。
シテ『すでに伊勢路の山近く。』 すでに伊勢路の山近く。
地謡『弓馬の道もさきかけんと。勝つ色みせたる梅が枝の。花も紅葉も色めきて。猛き心はあらがねの。土も木もわが大君の神国に。もとより観音の御誓願。仏力といひ神力も。なほ数数にますらをが。待つとは知らでさを鹿の。鈴鹿の禊せし世々までも。思へば嘉例なるべし。 さるほどに山河を動かす鬼神の声。天に響き地に満ちて。万木青山動揺せり。 』 弓術、馬術も先に攻め込んだ方が勝つと。勝利の兆しのような梅の枝、花も紅葉も色づいて、猛る心は荒々しく。土も木も我らが天皇の神の国の統治を受ける。もとよりこれは観音の民を救わんとする願い。神仏の加護を受けた軍が向かっているとも知らない鬼たちは、狩人に狙われている鹿のよう。斎宮(伊勢神宮の女王)は鈴鹿で禊をし、神の力で穢れを落とす。鈴鹿は霊力が溢れているということではないか。そうこうしているうちに山川に轟く鈴鹿の鬼神たちの声は天に響き、地に満ちて、木々山々が震えている。
翔(カケリ)
シテ『いかに鬼神もたしかに聞け。昔もさるためしあり。千方といひし逆臣に仕へし鬼も。王位を背く天罰にて。千方を捨つれば忽ち亡び失せしぞかし。ましてやま近き鈴鹿山。』 やあやあ鬼神ども、確かに聞け。昔もこのようなことがあったというぞ。天智天皇の時勢に千方という反逆者の元に集められた鬼も、王の命令に背いた天罰で、千方を捨てればたちまち葬り去られたという。ましてやここは都に程近い鈴鹿山。
地謡『ふりさけ見れば伊勢の海。ふりさけ見れば伊勢の海。阿濃の松原むらだち来つて。鬼神は。黒雲鉄火をふらしつつ。数千騎に身を変じて山の如くに見えたる所に。』 ふりあおいで見れば伊勢の海。阿野の松原から群れを成して現れた鬼神は黒雲をまとい鉄火を降らしながら、数千の軍隊に変身してその大群はまるで山のようだった。
シテ『あれを見よ不思議やな。』 あれを見よ、不思議なことに…
地謡『あれを見よ不思議やな。味方の軍兵の旗の上に。千手観音の。光を放って虚空に飛行し。千の御手ごとに。大悲の弓には。知恵の矢をはげて。一度放せば千の矢先。雨霰とふりかかつて。鬼神の上に乱れ落つれば。ことごとく矢先にかかつて鬼神は残らず討たれにけり。ありがたしありがたしや。誠に呪詛。諸毒薬念彼。観音の力をあはせてすなはち還着於本人すなはち還着於本人の。敵は亡びにけりこれ。観音の仏力なり。』 あれを見よ不思議なことに、味方の軍兵の旗の上に千手観音が光を放って虚空に飛び上がった。その千の手に持った民を守るための弓には、知恵の矢をつがえて、一度に放てば千本の矢は雨あられと鬼神の上に乱れ落ちれば、ことごとく矢先にかかって鬼神は残らず討たれてしまった。ありがたい、ありがたいことだな、これこそ本当の呪詛であり、観音に逆らう力は全て反逆者に返ってくる。観音を念じれば悪事が悪人の方に返るという因果応報の道理によって敵は滅び去った。これこそ観音の仏の力である。

執筆: 2006年度入部 K. F. 能楽部紹介冊子「幽姿」2008年度春号から(一部改訂)
このページの最初へ戻る © 立命館大学能楽部
2style.net