2008.7.6 遙か3プレイ中
さてさて、初のネオロマイベント参加まであと約1週間!
ってなわけで(?)由和っちがコルダと共に貸してくれてた遙か3を久しぶり(へたすりゃ半年ぶり?)にやってみよう!と、金曜の夜からゲーム生活の幕開け(不健康)
最初に書いたように、ネオライが近いってのもありますが、実はあちこちで4をプレイしている方々のプレイ日記見てたら、楽しそうだなー…うちもいっちょ頑張ってみるか!と触発されたってのもある…(苦笑)
とりあえず、1周やって全滅になったとこで、この後どーすんの?分かんね!ってほったらかしにしてたので、2周目から誰かに的をしぼってやればいいんだよねってことで、1周目で気に入った(どこに惹かれたのか自分でもよく分かんないんですが・笑)九郎さんでいくぞ!と意気込んでプレイ開始。
まぁ、ゲーム音痴の私のことなので、なかなかEDまでたどり着かなかったわけですが、途中攻略サイトを頼りつつ無事にED見て思ったことは、やっぱり九郎さんは良いな…!と(笑)
また、望美ちゃんが九郎さんを意識しちゃってるとこも可愛いくってv
これでもか!というベタな展開が逆にツボりました!
んで、コツをつかんだ(コルダよりも簡単で助かったー!)のか、今日は由和っちお気に入りの弁慶のEDも、なんと攻略サイト頼らず無事に見れましたよ!
……うん、あれはなかなか(笑)
微笑みの脅迫とか、好きですっていうシンプルな告白が良い!
本当に、宮田さんはいけない人だと思います(真顔)
次は誰にしよう…やっぱりネオライに向けてってことなら、敦盛…か?



2008.7.10 目標達成!
ネオライにほっしーが来る!
ということで、それまでに敦盛を…と勝手に目標をたて、下の日記で長々と書くとか言っておきながら潜り、昨日無事に達成しました(笑)
これで一先ず、しばらくの間ゲームはお休みします。
とりあえず、3人のED見ての適当な感想↓





2008.7.14 遙か3ぐだぐだプレイ記(九郎さん編)
さてさて、プレイ記。
私自身、極度のゲーム音痴(セーブすら失敗したことあり←忘れもしないコルダ)なので、本当にぐだぐだです(笑)
ゲーマーの人から見たら、何でそんな簡単なところでつまずいてんだよっ!と石を投げられそうなくらいのそんなアレなレベル。
でも書きます(自己満足)

とりあえず、1周目はあれよあれよと話が進んでいき、いつの間にか全滅、いつの間にか時空を越えて運命を変えるんだー!な展開になってました(笑)
今まで適当に選択肢選んでるだけで良かったのに、いきなり放り出され何をどうしたら良いのか全く分かんない(←説明書くらい読みなさい)
うん、とりあえず1周したし…!という感じでその後、半年間も放置されておりましたこのゲーム。

まぁ、今更やり始めた理由は過去の日記の通りですが、まずは1周目で気に入った九郎さんから!と、意気込んで2周目を始めてみたものの、5章の絆の関がどうしてもこえられない…ま、いいや!(諦めんの早っ!)とりあえず、このまま進んでくとどうなるんだろ?というのも興味あったので、そのままプレイし続け、1周目でやられたチモも倒してみたりしたけど、これまたこのEDがかなり もやーっとした感じ で終わるんですよ(苦笑)
これで本当に良かったの?的な望美ちゃんの語りが入って終了(だったかな?)
おいこらちょっと待て!!私だってこんなED見たかった訳じゃねぇー!!(怒)と、変なところで負けず嫌いに火がつき、3周目から本気で九郎さんを落としにかかることに(笑)
2章の許婚(のフリ)とかもうベタすぎて、顔がニヤけます…!!(←危ない人)
その後もやたら、許婚ネタ引っ張るし(爆)
そして、からかわれた九郎さんのうろたえっぷりとか、何かと衝突しつつも台詞ハモっちゃう2人が愛しすぎますvv
そんなこんなで堪能しつつも、でもどうしても5章がクリアできない…とりあえず、私がゲーム音痴ってのは今更どうすることもできないんだから、ここは素直に攻略サイト様に助けてもらおう!と、ネットをチェック。
すると条件に「九郎が逆落としを習得している」と。
特技?……あぁ、そんなもんもあったね!すっかり忘れてた(笑顔)
九郎さんの逆落としを機に、ここでようやくいろんなキャラに特技を習得させ始め、いきなり強くなるメンバーたち(笑)
いえーい、敵がサクサク倒せちゃうぜ!ってなわけで、今度こそ!と、もう何度目かも分からない5章をプレイ。
でも、どうしても出てこないといけないポイントで選択肢が出てこない!
前(1周目)にここを通った時に九郎さんが何か言ってたような?という望美ちゃんの心の声は出てくるんですが、その後の選択肢が出てこず。
しかも、私自身半年振りのプレイなため、 本気で九郎さんが何言ってたかなんて全くこれっぽっちも覚えてなくて 私と望美ちゃんのシンクロ率100%(笑)
なんでー?何が足りないんだ、レベル!?とか考えてたら、ふと由和っちが「情報のメモにヒントがのってる」と言ってたのを思い出し(これもすっかり忘れてた)、見てみると衝撃の新事実!
弁慶さんが春の京で福原を偵察に行ってないとダメ的なことが書かれてありました。
そんなの私にどうしろっての…!!!
弁の行動までどうやって操るんだよ、ここまでに「弁慶さん、(私と九郎さんのために)福原へ偵察に行ってきて下さい、えへvv」な選択肢はなかったはずだぞー!?そもそも春の京って何!
えぇ、軽く弁に対してイラっときた瞬間でもあります(この頃、弁はまだ私の心の片隅にもいなかった・笑)
攻略サイト様にもその辺のことはのってない…(くぅ!)
結局、春の京がよく分からなかったので、1章からやり直してみました(え)
そこで九郎さんに付いてってみると、なんと春の京(2章)で、弁が冒頭でサクっと偵察に向かってくれたじゃありませんか!(笑)
こうして無事に5章のひよどりごえをクリア(ぜーはー…)
実際問題、ここまでくるのに数えられないくらい5章をやりまくったせいで、5章かなり飽きました(疲)
もう会話とかほとんどスキップボタン連打(待)
でも、5章すぎたら早かったです、情報のメモも活用し、サクサク進みました!
てゆーか、処刑は呆然となった。
ほんと「……………………………はぃ?」みたいな。
突然あっさりバージョンきますね、これ(笑)
6章から後はもう、九郎さんと望美ちゃんにキュンキュンしっぱなしでしたvv(←もう完全に第三者の視点でゲームしてらぁ…)
こいつらの可愛さと言ったら!!
ベタな少女漫画の展開の如く、お互い気になる存在であるのに、すれ違いまくる2人(笑)
もう、柿エピソード最高!!
先に帰ってた九郎さんと弁と景時の会話がおもろいよー、その後の展開もベタだよー、そんな2人が大好きだー(笑)
それに、まだ3人分のEDしか見てないので他がどうなってんのか分かりませんが、望美ちゃんの心の変化(私、九郎さんのこと好きなんだって気づく過程)もちゃんとストーリーに盛り込まれてて、見ててなんか一番自然だなぁ…なんて思ったり。
後、戦闘中、九郎さんと望美ちゃんの2人技繰り出すポーズが、背中合わせで素敵!
お互い信頼しきってる感がひしひしと伝わってきて、非常によろしい(何様)
でも、本当に何かと背中合わせな場面が多かった気がしますこの2人。

さてさて、後もうちょいなんですが、そろそろ寝ないとヤバイ…ので、明日は九郎さん編改め、兄上編(と、弁編さわりくらい)を書けたらなぁーなんて(笑)
いやもう、兄上のムービーの破壊力は凄まじい…腹筋鍛えられます(爆)



2008.7.15 遙か3ぐだぐだプレイ記(九郎さん…というより寧ろ兄上編)
昨日も騒いでる通り、九郎さんと望美ちゃんのストーリーはベタ展開のオンパレードで、なかなかに私のツボをついてました。
将臣くんの正体が判明した辺りの展開とかも、うわー…ベタすぎ!!(笑)
そして、九郎さんの兄上。
あぁ、声は渋くて良いのに、最後のムービーであんなことに…(哀)
実はムービーだけ、由和っちがうちに泊まりに来た時に、メモリーカード持ってきてて、見せてくれたんですよ… これ見たら、すべて兄上に持ってかれるから! と(爆)
当然その時は話の筋とか全く分からなかったけど、とりあえず凄かった、とにかく兄上は凄かった…!!(爆)
まぁ、そんな兄上はとりあえず置いといて。
最後の盛り上がりシーン、兄上にとっ捕まった望美ちゃんは「九郎さん、逃げて!」というメッセージを舞(歌?)にこめて、大勢の人の前で舞を舞う…(カッコ良すぎ、惚れる)
でも、危険を承知で迎えにくる九郎さん!素敵!!でも、ベタだー!(笑) ←じゃないと、話進まないから
しかも、許婚って言った!!この子しっかり断言しよった…!!!(グッジョブ!)
初っ端の許婚ネタを最後まで引っ張るそんな2人にキュンキュンしつつも…(はぁ)
この辺から、ちょこちょことムービーが盛り込まれるわけですが…そのムービーの酷さと言ったら(…)
特に2個目のムービーが凄い破壊力!!
九郎さんが望美ちゃんをお姫様抱っこ(ベタ・笑)して、かっさらっていくシーンなんですが、まぁ、その2人は…一万歩譲ってまだよしとしよう。
がっ!
お姫様抱っこして九郎さんがとぅっ!と人垣を飛び越えるシーンの、斜め下からのアングルの兄上の顔が酷い… とにかく酷い!!!
もう酷すぎて大爆笑!!!(抱腹絶倒)
本気でムービーいらねぇー!!!と思いました(真顔)
もう普通にスチル出してくれた方がよっぽど嬉しかった…無駄に動画にしてくれなくていい。
ムービーの破壊力満点の兄上のせいで、せっかくの感動が台無し…これがネオロマというものなのか…(ガタガタ)
九郎さんのED迎えても、しばらくの間ムービーの兄上の酷い顔ばかりが浮かんできてアレな感じでした(萎)
確かに、これは兄上に持ってかれる。
しかし九郎さん、弁のストーリーとか合わせても、いろんな人に裏切られすぎて不憫だ…(涙)
望美ちゃんと幸せになるんだよっ!!

とまぁ、遙か3初攻略は九郎さんでした。
兄上がいろいろ持っていくとしても、うん、でも一番初めに攻略したんで、これから他のキャラやっても、やっぱり思い入れは強いと思います。

んで、次どうしよっかなー…と考えたところ、由和っちが日頃、弁慶弁慶言ってたので「もういいや弁慶で」とチョイス。
しかも、実は九郎さんやりながら、最初どっちかと言うと弁の絆の関のがどんどんこえられてて(ミステリー)、どこでどうしたら良いのか分かってる分、やりやすそうだなーと思いまして(笑)
と、そんな適当な感じでさえ、始めてしまったが最期(笑顔)
今では「いけない人ですね」が頭から離れません…(洗脳)
しかも、弁のキャラソンの歌詞の1つ1つに「ぎゃー!!」となる始末(苦笑)
どうしてくれんの、由和っち!!(笑)

そんなわけで、次回ぐだぐだプレイ記は、私絶対ハマらないと思ってた弁編です。



2008.7.20 遙か3ぐだぐだプレイ記(番外編)
ちょっと、弁について書くことがなかなかまとまりません。
あの…もう一度、弁を最初からやり直してから、書こうと思います。
だって、正直あの衝撃の5章見るまで、どーでもいい感じでプレイしてたので、それまでの記憶がない(最低)
というわけで、明日は連休最後の日、弁をもう一度やって、がっつり書きたいと思います!(確実に弁にハマってる)

んで、タイトル通り今日は番外編。
なんで番外編なのかというと、プレイしたのが私ではなく友人だから。
今回は隣で、友人を見守りつつ助言しつつ、私が半年前にプレイしたストーリー(1周目)を見たわけですが。

私未だかつてあんな酷いED(というか、終わり方?)を見たことはありません(断言)

まず順を追って書くと、19日は大学時代の友人がお家に遊びに来てくれました!
お昼を一緒に作って(私はお好み焼き、Aちゃんは焼きそばを調理)Aちゃんも1人暮らしを始めてるのでお互い情報交換したり、いろいろだべってて横浜旅行の写真見る?ってことで見せたら、やっぱりそのままネオロマ話になってしまいまして(苦笑)
Aちゃんは詳しくはないのですが、オタクなネタを話しても大丈夫な子(ドン引きされない)なので、こないだのネオライのパンフとかも見せる始末。
さらに、挙句の果てに兄上の酷いムービーも見せて2人で爆笑(待)
半分冗談軽い気持ちでサラッと「Aちゃんも(遙か3)やってみる?」と聞いたら、「え、良いの?やりたい!」と。
わぁー!まさか食いついてくるとは思わなかったよ!!(笑)
でもそうだ、Aちゃんはいろんなことに興味をもつ子だってこと、すっかり忘れてた。
そんなわけで、Aちゃんの遙か3(ネオロマ)初体験が始まりました。
まぁ、1周目は選択肢気軽に選んでっても終われるから…ということで、本当に気軽に選んでいくAちゃん(笑)
「これ選んだら、主人公かなりあほっぽい(笑)」「あえて選んでみる?(笑)」と、かなり滅茶苦茶発言を連発する主人公、それでも誰かの星がしゃらーんと上がる…(笑)
「え、それで星上がるん!?(爆)」「こいつら、一体どこにツボがあるんか分からん!(笑)」と、なかなかに盛り上がれます(凄いね、ネオロマ)
Aちゃんにより、発言に一貫性のない(あほっぽい発言したかと思えば、妥当な発言したり)、謎な性格になりつつある望美ちゃん(笑)
でも、横で見ててかなり面白かったです!
数人のEDを見てるので、ところどころに伏線…とまではいかないにしても、凄い意味深な発言してるキャラがいたり、ここでのあれは後にこうなるのかーとか、新発見。
と、私が心の中で密かに盛り上がる中、Aちゃんはサクサク進め、とうとう逆鱗で元の世界に戻ってくるとこまできました。
まぁ、普通ならここで「運命を変えるために戻ろう!」といった選択肢を選ぶと思うんですが、こともあろうかAちゃんは「やっぱり戦うのは怖いから嫌だ」的な選択肢を選ぶ(さすがだ・爆)
んで、元々このゲームは運命書き換えてくのが目的だし、何らかのワンクッションあって、結局どうせまたあの世界に行くことになるだろーとたかをくくってたAちゃんと私。
えぇ、うちらが甘かったんですよ…!!
ちょこっと望美ちゃんの語りが入って暗転、 画面にはしっかりと「完」の一文字がっ!!(爆)
「え、終わりっ!?」「うそっ!?」「ええええー!?」「てか、みんな置き去り!?主人公ひでぇー!!(笑)」「あははははは!!(爆)」
本当に、未だかつて見たこともない、あっさりしすぎなEDでした(笑顔)
しかも大体、EDになったらセーブしますか?になるのに、これは本当に何事もなかったかのように最初のタイトル画面に戻る。
え…てか、今のやり損?
笑ってる場合じゃなかったよ…!(爆死)
本当に今までのはなかったことにされてしまいました(…)
なんて恐ろしいゲームなんだ、ネオロマ!!!
そんなわけで、Aちゃんは初プレイで最悪なEDをたたき出してしまったわけですが(笑)、さすがにこれじゃあんまりだ、私のデータの続きで誰かやってみる?と言うと、Aちゃんはどうやらヒノエが気になったとのこと。
ヒノエはまだ私もやってないから、じゃあ一緒にやろう!ということで、急遽ヒノエを攻略しにかかることに…(笑)
メモを見つつ、次はこうしたら良いかな?とか、この選択肢にしてみる?と、2人でわいわいやりつつ、無事にヒノエED見れました、やったー!!
1人で甘い台詞聞いて笑うのも良いですが、2人で聞いて、わいわいやるのもめっさ楽しい!!(新たな遊び方発見)
スチルが出るたびに、2人して「うわー…!(笑顔)」ってなったり(笑)
やりながら、「あのポーズ、いちいち気になる…!」「ヒノエ良い奴!」「おいしいとこもってくなぁー!」「普通にカッコ良い」「この『……バカ』って選択肢にしよ!可愛いvv」「さぁ、どうくるヒノエ!」「うわー、そうきたかっ!(笑)」「さすがだ…!」「鯨!?」「ちょっと熊野組ヤバイ…ハマる(笑)」「おい、ちょっと待て!まだEDじゃないのに告られたー!?(爆)」「早すぎっ!(笑)」「何やねん、あの縛られ方!!!!(大爆笑)」「えっ、抜けだせるんや!?」「あはははは、マジックショー!?(笑)」などなど。
ヒノエのストーリー知ってる人なら、この会話(順不同)がどこを指してるのか分かる…かも。



2008.7.21 遙か3ぐだぐだプレイ記(弁編)
前にも言ってた通り、次のターゲットに弁を選んだのは由和っちがお気に入りだったからという理由だけで、最初の時点では私自身全くもってアウトオブ眼中でした(笑)
やたら望美ちゃんに「可愛い」を連発するし、大体常にニッコリしてる人って、胡散臭いんだよね(真顔)
弁やりつつ「…うーん、これはないわ。ごめん、由和っち。ハマれそうもない」と思ってました、現に最初の方、弁のイベ内容記憶喪失だし(ひでぇ)
ところがどっこい!
5章の最後でちょっと風向きが変わります。
私自身、最初から弁は胡散臭いと思ってたはずなんですが、あの追撃現場ははっきり言って衝撃的でした。
望美ちゃんの語りでどれだけの惨状だったのかが、ひしひしと伝わってきて、うわー…って感じで。
その後の弁と望美ちゃんの会話が、私的にちょっとツボってしまい、突然弁に興味がわき始めるという(笑)
ていうか、この辺りからやたら言われるんですよ…「いけない人ですね」 って(爆)
心の中で「弁、寧ろお前がな!」とツッコみ返したくなる(というかした・笑)ほどに言われ続けるので、弁と言えば「いけない人」、「いけない人」と言えば弁、というくらい私の中でイメージがついてしまいました。
その後、由和っちから「いけない人ですね」を連発されるキャラソンをいただいて、さらに洗脳されるハメに(でも、この曲大好きv)
で、話を戻すと、その後もメモをたよりに順調に進めていけたんですが、微笑みの脅迫とか弁っぽくて好きです(笑)
で、弁の裏切りシーンはマジで黒い(宮田さん!!・笑)
あんまりな弁に、ちょっと…いや、かなり九郎さんが可哀想でした(不憫)
で、弁に人質としてとっ捕まった望美ちゃん、その時の弁がいつもの「望美さん」呼びじゃなくて「神子殿」呼びだったのが印象的。
その後、またいつもの呼び方に戻りますけどね。

まずはこのまま進むと、弁消滅編なわけですが、うーん…上手く言えないんですけど、なんだかこの人を「黒い」とは一概に言えないな、とそんな感じを受けたシーン。
清盛と一緒に消えると弁自身は分かっていながら「平気です」と、最後まで望美ちゃんに嘘をつく。
5章のあれ同様、心配させないためだとしても、望美ちゃんに対しての嘘って全部裏目に出てますよね(苦笑)
口ではすぐに「可愛い人」とかほざいたり、女性の扱い慣れてそうに見えて、実は弁って相当不器用な人なんじゃないかな、と。
ある意味、九郎さんより「不器用な優しさ」ってやつを素で実行してるかと思います。
と、そんなことをちらっと考えつつも、さぁ過去に戻って運命変えるぞー!と、もう弁ストーリーにのめり込み。
その後も順調に進めて、再び牢屋に閉じ込められ、弁がなかなか迎えに来てくれないシーンでは、望美ちゃんめっさ不安になってましたが。
えぇ、私も凄い不安でした… もしや、どっかで選択肢間違えたっ!?(焦) と(そこか!)
ちょっと不安の意味が違いますが、またもや望美ちゃんとシンクロ(笑)
弁が来た時は、マジでほっとしました。
いやー、いろんな意味でドキドキするわー、このゲーム。
清盛との会話で、弁が事の元凶だとかいろいろ分かり、
そうか!遙かっていろんな人のストーリーやっていくと、人物の関係性とか話の全体像が見えてくるんだ!うわー、何これめっさおもろい!!!
と、4周目にして面白さに気づく(遅)
てか、最後にみんなが駆けつけてくれたシーンは本気で嬉しかった!
うわーん、みんな来てくれたよっ!!(興奮)
九郎さんは弁に裏切られた時に言ってた通り、借りを返しに来たわけですが、良い意味で返しにきたよ、なんて良い奴!これで友情も無事に復活だね!
なんか、仲間って良いなと思った瞬間でした。
で、サクっとラスボスを倒した後、弁の告白にやられた…!
普段から軽く「可愛い」やら言われてたわけなので、一体どんな風にくるんだろう?と興味津々だったんですけども。
すんごいシンプル、ストレートど真ん中できやがった…!!!
どんなことをしてでも君を離したくない云々、そしてただただシンプルに「僕は君が好きです」と。
え……?えぇええええぇーー!!??(衝撃)
……人間ってギャップに弱いもんだな、と実感しました(笑)
しかも、この辺りの宮田さんのお声と言い方が素晴らしすぎ。
こんな風に言われたら、望美ちゃんがこの世界に留まるのも無理はない!(真顔)
それだけでもうお腹いっぱい胸いっぱいだったのに、さらにED後の2人の語りとスチルにとどめの一撃をくらいました…!!
望美ちゃんの語りがもうっ!!(くぅー!!!)
平和に満ちた世界で暮らしてる云々、「これがあの人が求めたものなら、思いっきり抱きしめてほめてあげたい」って…!!
もう、絞め殺す勢いで抱きしめてほめちぎってあげて!!(真顔)
と、心の中でぎゃーぎゃー大興奮(落ち着け)
なんじゃこりゃー!!可愛すぎるぜこんちきしょー!!!と思ってたら、さらなる衝撃。
EDスチルが出現し、弁の語り突入。

夫婦だ……恋人すっ飛ばして夫婦だっっ!!!(衝撃)

えぇえええーーっ!!??
なんですか、これ!?
確かに語りの感じからすると、あれからだいぶ時間経過してるんだろうなって感じですが、もう恋人って言うより夫婦、夫婦としか言いようがない(断言)
九郎さんのは普通に恋人同士って感じだったのに…!!
さすが弁!!(←意味不明)
でも、弁の語りを聞くに、2人とも本当に幸せになったんだなぁーってのが、もう充分すぎるほど伝わってきて、キュンキュンしますvv
まさか、弁のEDがこんなにほのぼのキュンvなものだとは思ってなかったので、めっさドツボでした(笑)



2008.7.28
日曜はゆったりしてたんで、梶原兄妹たて続けでEDにたどり着きました!
私もだいぶメモの活用ができるようになったのか、サクサクいけますねー。
ゲーマーの人は物足りないのかもしれませんが、初心者にとってはやっぱり簡単なゲームのが面白い。
今回、景時にしたのは由和っちに借りてたキャラソン(泡沫)がツボったので(笑)
実はあんまり期待してなかったんですが(すみません)、かなり面白かったです!
今回は望美ちゃんじゃなくて、野郎どもが牢屋にぶち込まれ。
助けに行くのが望美ちゃんと朔の女の子コンビだなんて…八葉はすっかりヒロインポジションですか(笑顔)
しかも、朔との2人技で敵の見張り秒殺。
強すぎるよ、この子たち…!(さすがヒーロー)
てか、あの暗殺命令、私てっきり狙いは九郎さんだと思ってたのに…えっ、こっちー!?って感じで(笑)
後、何気に気になったのは、お互いの正体を知って喧嘩になったらしい九郎さんと有川兄を弁がどうやって止めたのか……だって、止めなかったら血の雨だったんですよね、確か(うろ覚え)
それから、景時に一緒に逃げよう言われた時は、え、女にすがってんじゃねぇー!ヘタレてる場合か!(←酷)とか思ったんですけど、話進めてくと、全然ヘタレじゃなかった…寧ろキメるとこはしっかりキメる!なお方でした、ごめん景時(笑)
何はともあれ、夫婦第二弾(笑)ほのぼのEDでほっこりでしたv

で、朔の方はEDマジでウルウルきました…さ、さくぅー!!(涙)
私、親友ものには弱いです、それから家族もの。
よって、実はこのゲームで初めてウルウルしたのは3番目にED見たあっ君のストーリー(おそろいの鈴買うとこで、昔の話をしてくれるシーン)なんですけどね(苦笑)
まさか、奴に泣かされかけるとは思ってなかったぜ…!(←失礼)
てか、台詞おくるのにいちいちボタン押さないといけないので、なかなか物語りにのめり込めない…ボタン押すたびに現実にひき戻されるっていうか何というか(苦笑)
コルダみたいに、イベント始まったら勝手に流れてってくれたら良いのになー。
あ…もしかして、これって設定とかで何とかなったりしますか?(説明書読め)
何はともあれ、朔が幸せになって本当に良かったです!
てか、ちっちゃい黒龍可愛い!!
デカイ黒龍はしゃべり方がマシ(普通?)だったので、白龍(大)よりは良かったですが。
でも、弁ストーリーを先に見てたので、なんか元凶が朔のすぐそばにいて、いたたまれない気持ちになります。
同時に、弁も朔のそばにいるのって拷問に近いだろうなー…なんて。
まぁ、それも罰のうち…と弁は思いそうですが。

って、あれ?続き書くつもりだったのに、いつの間にか梶原兄妹編に…。
次回はちゃんと弁編の続きをば。



2008.7.29
サクっと軽い感じでいってみます!
えぇ、もちろんネタ重視で。
とりあえず、記憶喪失になってた最初らへんを思い出すべく、再プレイしたわけなんですが、もう1章は「可愛い」連発されて、おいおい…って感じでした(笑)
何回くらい言ってたんだろ…今度やる機会あったら数えてみよう(←暇人)
で、2章でもまだ言ってました(飽きないね、弁)
五条大橋のやつは「へぇー…」程度で適当に見てたら、いきなり弁のアップになって、心臓に悪い(苦笑)
てか、弁って全体通してアップ(望美ちゃんに近寄ってくる)多くないですか?(気のせい?)
後、比叡での会話で出てきた、弁の若かりし頃(荒法師時代)がめっさ気になります!(笑)
徒党組んでたってどんなー!?
で、その流れで九郎さんとの友情話(?)の時に出た選択肢で、けんかしないと仲良くなれないの?的なものがあって、あまりにも唐突な発言内容になんじゃそりゃー?と思って選んでみたら、
「僕と仲良くしてくれるんですか、大歓迎ですよ」ときた!(そうきたか!・笑)
しかも「もちろん、けんかなんかしなくても…ね」と。
何その意味ありげな「…」!(爆笑)
なんか、ヒノの時もそうだったんですけど、こっちはそういう意図して選んだわけじゃないのに、彼らは望美ちゃんの発言を自分たちの良い方にとりすぎじゃないか…?(血筋か!)
そして、3章では看護手伝ってもらっても「可愛い」が出た。
私の中では「いけない人ですね」の印象が強烈に残ってるんですが、まだここまでは「可愛い」で終わりました。
一体どこから?と思って、4章やったら出た!「いけない人」発言(笑)
すると、なんとその後の章はすべて「いけない人」ばっかでしたよ徹底してますね、ある意味凄い…(真顔)
それから、前にAちゃんが遙か3を体験した時に、三種の神器が出てきたとこで、 「テレビ…冷蔵庫…後、洗濯機やっけ?」 と言ってたので、あれ以来、三種の神器という言葉が出てきたら、真っ先にそれに変換してしまうんですが(爆死)
そうか、弁ストーリーでは清盛はテレビに映されて消えちゃうのか…あっ君のストーリーで渡すのはー…清めるってことで洗濯機?
残るは冷蔵庫か、ヒノが清盛の背中にどすんと落としたら、そりゃかなりの一撃だわー、な感じで…(あほな妄想しててすみません)
後はー…そうそう、2人技!
最初に見たのが、もちろん九郎さんバージョンで、望美ちゃんと背中合わせに立って技くりだすのが素敵でツボったので、弁はどんなだろー?と興味津々でぽちっとボタン押してみたら。
弁はなんと望美ちゃんの背後に立ちやがった…!!!(えー!?)
なんか…敵倒す前に 望美ちゃんが呪われそう(真顔)
そして、段々そのポーズがおかしく思えてきて、技くりだすたびに爆笑でした!
あ、でも今のとこ一番の爆笑はやっぱりヒノとの2人技(笑)
ヒノも弁と同じく背後系だったわけで、初めてくりだした時はお前もかー!とツッコミ入れたんですけども。
私いつも戦闘中はボタン連打してるので、実はこないだ景時やった時にゆっくりプレイして初めて聞いたんですよ……あの技をくりだす時の決め台詞を。
何なんですか?
「恋の炎が翼となるぜ」 って(爆笑)
……は? 何て? 今何て言ったーーー!!??って感じで、その後やたら2人技発動させては爆笑してました(真面目にやれ)
あはは、何これ、ふざけてるにもほどがある!!
これを機に、今のとこ2人技できるメンバー全員分、じっくり決め台詞聞いてみたんですが、みんな結構真面目だった…!
でも、最終的に「まぁ、それでこそヒノだ!」と何故か納得。
で、蛇足だけど、今のとこ一番好きな2人技はあっ君!
望美ちゃんと手の平合わせるのが、めーっさ可愛いvv
あんまり身長差なさ気なところも可愛い!
もう全てが可愛い!!
って、あれ?なんかいつの間にか、2人技の話題になってるよ、まぁいっか。
景時も手の平合わせバージョンだったんですが、あっ君とはまた一味違った感じでなかなか!
朔は九郎さんと同じく、背中合わせバージョン。
うーん、対っぽくて良い感じですねv
でも、朔って扇で戦ってるんですよね…ある意味凄い(笑)
で、譲がまたもや背後系……。
お前ら望美ちゃんの背後に立つなー!!
いろんな意味で怖くてしゃーない!
今のとこ背後組が多いので、これからのキャラはどうなることやら、楽しみです!(笑)



2008.8.17 遙か3ぐだぐだプレイ記(まとめ編)
遙か3プレイ順
九郎さん → 弁 → あっ君 → ヒノ → 朔 → 景時 → 譲 → まさお → リズ先生 → 白龍
でした。
たぶん、めっさ効率悪いと思われる(苦笑)
でもいいんだ…私初心者だし、楽しかったし。
……それはそうと、書き忘れないよな?(忘れてたらそれはそれで・笑)

んで、キャラはどれも結構好きなんですけど、ストーリーも含めての順はこんな感じ。
1、九郎さん・弁
3、景時
4、あっ君・ヒノ・朔・譲・まさお
9、リズ先生・白龍
どうやら、私は源氏組がツボったみたいです(笑)
白龍は最後の小さいバージョンがなければ、ダントツ最下位だったことだろう…(遠い目)

まず、1位の九郎さんと弁。
前にいっぱい書いてるから、省略(待)
結局、どっちが1番かは決められませんでした(苦笑)
もう、ほんと大好きvv
それぞれ単体でも良いんですけど、望美ちゃんとの会話とか絡みも好きだし、九郎さんと弁のコンビも大大大好きです!!(笑)
ほんと、なんでこの2人のデュエットないのーっ!?
そうそう、ちょっと話ずれますが、こないだ某動画サイトでリンクたどってったら、何故かコナンの映画(迷宮の十字路)見つけちゃって、あまりの懐かしさにうっかり見てしまったんですが。
義経と弁慶の話がいっぱい出てくるし、場所とかゲーム中にもあったあった!と、1人テンション上がりながら見てまして(笑)
その中で、関所(?)を通る時に義経だけ変装がバレそうになったのを、弁慶が義経ボコって無事に通り抜けた(臣下が主を打つはずがないってことで)ってエピソード。
その後、弁慶は謝りまくり、義経は自分を助けるためだったのだからと許し、寧ろ感謝するってシーンなんですけど、これ遙か3の九郎さんと弁だったら、確実に弁は本気で九郎さんをボコりまくり、その後も「なんとか無事に通れましたね。 ……ね、九郎?(超笑顔)」と微笑みの脅迫だな、と妄想しまくりでした(そんな2人の友情が好きだ ←え)
おっと、話それまくりましたが、その後、いろんなキャラをやってみたわけですが、結局この2人を超える奴は出てきませんでした。

3位、景時。
これも結構前に書いてたと思うんですが、全く期待してなかった分、かなり面白かったというかなんというか(笑)
まず、ビジュアルで「(へそだしてるし)ないな…」と思ってたんですけど、声が和彦さんだし、キャラソンも良かったし、さらにこのキャラ私と同じ血液型らしいし(笑)、さっき朔やったから今度は兄で…ってなわけで、ターゲットにしてみたら、いつの間にかツボってしまったという。
あの、軽い感じで言う「御意〜」が好きです(笑)
後はやっぱ、佳境のシーンがね!
てっきり、対象は九郎さんかと思いきや、望美ちゃんかよっ!?っていう、意外性がクリティカルヒット(笑)
そして、八葉がヒロインで爆笑だったし!
うちの望美ちゃんと朔は最強です(秒殺)
でも景時、十六夜記は……後半ちょっとマジきつい。
九郎さんのルートが…というか、平泉へGO!なルートがですかね?
まだ、全部やってないから分かんないですけども。
まぁ、これはまた今度。

4位、その他ほぼ全員(笑)
どれもそれなりに面白かったんですけど、源氏組には及ばず。
とにかく、あっ君は可愛かった!
私が今までに聞いたことないくらいの低いほっしー声なんだけど、可愛い。
この声は好きかも…!(ぶりっこな感じのは苦手)
そして、ヒノはギャグ担当(もちろんカッコ良い時もある・笑)
朔はホロリときました(あぁ)
譲は他のキャラ攻略中も、いろいろと危険な発言をしてましたが…いや、マジでこの子怖いよ!!(ストーカー気質)
もう「先輩」連呼で、こんな後輩やだなぁ…志水くん(コルダ)みたいな後輩が良い!とか思いつつやってましたが、意外にストーリーは良かったです!
譲が死んだ後の望美ちゃんと周りの反応が、一番自然だし。
まぁ、他の場合は逆鱗持ってるから、割とサクっと時空さかのぼっていきますからね(苦笑)
んで、どうでもいいですが、このルートの清盛が「まさ……お…」と言いながら消えたため、その後、将臣は私の中で「まさお」と呼ばれることに。
で、そのまさお。
もう王道を突っ走りまくりでした。
いや、普通にカッコ良いと思うんですけどね(笑)
同じベタ展開なら、やっぱ九郎さんのが好みです!
それにしても、みきしんは兄貴なキャラがハマりますね、素敵すぎる!(だぶるおーとか)
最後、南へ旅立つ時に他のメンバーも絡んでくる(お見送りしてくれる)のも良かったです。
まさおED見てから、キャラソン(逆風)聴くと、めっさ良いですね!!
元から、良い曲だーと思って聴いてましたが、さらに好きになりましたv
しかし、紅の月のアニメみたいに「私が将臣くんを倒します!!」な展開じゃなくて良かった(笑)
ほんと、あのアニメ何だったんだ?(真顔)

9位のリズ先生、白龍。
さして興味もなかったリズ先生と、大きくなってキモイ白龍(暴言)
私自身、石田ボイスにそれほどトキメキを感じないため、まぁ普通に終わりました(待)
いや、好きか嫌いかだと、もちろん好きに入るお声ですけども!
とにかく先生には「答えられない」連発されて、何なんだお前は!!とイラっとくること、ピー回(真顔)
でも、ストーリーはそれなりに面白かったです。
「私を倒して行け」なリズ先生は3発でしとめました(望美ちゃん素敵)
ちなみに、しゅみちゃんは属性の関係上、2発でしとめてましたよ(爆)
途中から、あーなるほどね!って読めちゃうんですけど、あの佳境のシーンは誰も読めなかったのでは。
ていうか、佳境のシーン(しかも思いっきりシリアス)で、あんなに大爆笑したのは、後にも先にもリズ先生だけです(笑顔)
暗転して「完」の一文字出た瞬間、大爆笑でした!
もうね、ぽかーんってなる間もなく爆笑。
最高すぎる!
良い感じで、ぶち壊してきますネオロマ(さすが!)
まぁ、その後のEDは甘かったような気がします。
でも、もうあの「完」が忘れられず、リズ先生ルート=大爆笑というイメージが付きまとう…。
それに、望美ちゃんのために九郎さんに剣を教えたって…なんか酷くね?(どうせ私は九郎さん贔屓)
後、このルートでは九郎さんと望美ちゃんがいい感じにシンクロしてて、笑えると共に微笑ましかったです(笑)
2人して、先生の良い弟子ではなかったと落ち込み、そして同時に立ち直る(笑)
いや、もう九望素敵すぎだね!

んで、白龍は熊野で大きくなってからというもの、本気で抹消したい勢いでした(真顔)
うおぉー!!!
私の癒しを返せぇーっ!!!!
先生ルートで「変えることのできない運命もある」と言われた時、真っ先に思い浮かんだのはこれ(白龍・大)でした(沈)
何がそんなに嫌かって、あのちび白龍の幼い口調のまま、置鮎さんが高めの声でしゃべってるっていう…(やめてくれー!)
普通にしゃべってくれたら、それなりにカッコ良かったと思うのに…ほんと、ネオロマは何を狙っているのかさっぱり分かりません(謎)
後、あの服装がキモさに拍車をかけてます。
十六夜記に出てくる白龍(大)の服装だと、まだあの口調でもマシかな…と思ったくらいなので、もしかしたら、一番嫌なのはあの服装なのかもしれません(苦笑)
そして、白龍攻略はかなり大変でした…。
なんと私、ここに至るまで青龍以外の四神を呼び戻してなかったっていう(爆死)
お前、今まで何やってたんだー!?って言われそうですけど、別に戻してなくても、みんなのEDまでたどり着いてたんだもん!
無駄なことはしない主義なんだ!(最低)
白龍やり始めて、情報のメモ見た瞬間「えー…めんどくせぇー!!」ってなりました。
そして、案の定めんどくさかった(今までのツケが回ってきた)
こんだけめんどくさいことさせられたけど、最後にもう一度ちび白龍に会えたので帳消しです(可愛いーvv)
これで、白龍(大)が出てきてたなら、コントローラー投げつけて「帰れ!」と叫んでたかもしれません(やめて)
やっぱ、白龍は大谷ボイスでちびに限りますね!

そして、大団円。
もう何でもアリですね(笑)
みんなして望美ちゃんの世界へ!
またもや、ムービーが酷い(爆)
って、つまづいた望美ちゃんを支えるんは朔かよ!(野郎ども朔を見習えー!)
っていうか、みんな集まるとカラフルすぎて笑えます。
行きの分だけで、帰るための力(?)はないため、みんな行ったっきりどーすんの!?って感じなんですけどね(由和っち曰く、続きは迷宮でとのこと・笑)
九郎さんだけ、帰れなくてどうしよう発言してましたが、後のみんなは楽観的すぎ(笑)
ヒノなんて、そんなこと明日考えればいいじゃん、今は祝勝会!的なノリで、 お前熊野はどうした と激しくツッコミを入れたい(真顔)
いろいろツッコみどころ満載ですが、いろんな悲惨なストーリー見てきた後なので、みんなが楽しそう(幸せ)なら…それも良いか!と思えたEDでした(笑)

さて、長々とまとめ編書いてきましたが、どのストーリーにも言えることは、望美ちゃんが真のヒーローだったということ(笑)
まぁあえて言えば、ヒノのルートはまだ望美ちゃんがヒロインしてたような気もしますが。
あっ君なんて、望美ちゃんに匿われちゃったり拾われちゃったり完璧にヒロイン。
あの可愛さは正直望美ちゃん負けてた…というか、逆に望美ちゃんがめっさ男前だった。
でも、どのキャラもそうですけど、ED見た後にキャラソン聴くと、ほんと良いですね!
さらに好きになれますvv
実は私、遙か(3)はキャラソンから入ったクチなので。
1年くらい前(たぶんコルダアニメにハマった頃)カラオケで由和っちがヒノ(天秤)歌ってて、「あっこの曲好みかもー!良い曲やね!」って言ったのが始まり。
それから、いろんな曲を回していただきましたありがとでした(感謝)
あの頃はキャラも分からず聴いてたけど、ほんとどれも素敵な曲ばかりで、きっとキャラソンなかったら、ここまで遙か3にハマってない(笑)
本当に素敵な出会いでした、感謝感謝!

さ、これからは十六夜記もちょこちょこ出来たらな、と。
果たして源氏一筋の私は平家に転ぶのか!?(笑)
私自身、楽しみです!





ブラウザでお戻り下さいませ。


2style.net