5月22日

 

時間は早朝。マジで眠い。

昨日深夜までバイトなのに、朝5時起きとかシャレにならない。

半分うつろになりつつ学校へ、5時半ごろ到着。

誰もいない。

え?集合場所間違えた?

守衛さんに本気でチャリ乗った人見ませんでしたか?とか聞いた。

けどシオリには正門前とか書いてる。

JRの間違い?とかテンパったけど、

そういやみんな工具とか持ってんのかな?

と心配になったので、部室へと向かう。

 

あるわあるわ、空気入れがこんなに。

みんな工具をちゃんと持つように!

なんか色々心配になってきたので、

パンク修理キットやらなんやら色々持っていくことにした。

 

校門前へ向かうと結構みんな来てた。

良かった、間違ってなかった。

部長はモノスゴ眠そうだったが、

風邪気味らしく、結構無理して参加したようだ。エライ。

 

その後とりあえずケガとかしたら困るかなぁと思って包帯とかバンドエイドとか買う。

けど使わなかった。無駄。1800円無駄。

 

また、ネリ&あっこちゃんが遅刻したが、

そんな困った事態もなく、写真撮って出発。

みんな顔テキトー過ぎ。

 

 

で、俺の班は、

俺、あっこちゃん、クミちゃんという

実は女性陣の中ではパワフルな面々に囲まれてるので、

あ、コレはマジで早いんじゃない?

とか調子にのってたら、

素で道に迷った。

 

あっこちゃんが、

「何か逆走してない?」

と心配そうにしてたが、

「してない!ダイジョブ!」

と、自信満々で逆走した。

しかも奈良市内で。

 

もちろん後で平謝りしたが、

二人とも笑顔で許してくれた。

できた人間だ。俺ならちょっとキレちゃう。

 

その後は3人で、

なんかこっちちゃう?

とかいう動物的勘で道を進む。

あぜ道とか普通に通った。

なんかジグザグしてた。

けど気にしない。

 

 

順調に橿原神宮に到着。

 

せっかくだからお参りでもしようと皆で入る。

はい、出ました。

何コレ。

でかっ!無駄にでかいわ。

ゆうに身の丈3倍はあると思われる、猿の絵馬。

あまりのデカさに興奮を隠せない俺。

 

これが橿原神宮。

でかいなー。静かだなー。

巫女さん可愛いなーと悦に入る。

 

んで、皆でオミクジ引く。

俺 大吉

クミちゃん 小吉

あっこちゃん 末吉

 

こういうとこで、やっぱし人間試されるんだね。

二人とも普通にヘコんでた。あっはっは。

 

んで絵馬。

みんな建前は合宿について。

 

裏には自分のお願い。

人間ってこんなモンです。

 

ちょっぴり寄り道しすぎたかな?と思いつつまた一路和歌山へ。

 

 

そこでエライ事が起きた。

俺ら以外の班は、主に24号線で和歌山へ南下したようだが、

俺たちは169号線を使用した。

 

じゃ、これビックリ。

まず歩道ない。

峠越える。

トンネル抜ける。

トラック通る。

 

およそ道として最悪のファクター揃い踏み。

我ながらこの選択は大間違いだと思った。

クミちゃんとか半分泣きそうになってた。

ゴメン。田井。

 

 

で、まぁなんとかしてトンネルとか悪路を越えた俺たち。

次なる目的は24号へ合流!

 

はい、坂。

出ました、坂。

この写真じゃわからんかもしれんが、

とりあえず、坂。

マジで死ねって思った。

人間はいくら科学が発達したとか言っても、

所詮坂はなくせない。

ちくしょう。

 

クミちゃんよくガンバりました。

 

んで、なんとかかんとか24号合流。

横目で川をチラチラ見つつ、

今まで皆と違った道を進んできたのに、

ここで24通るのは男じゃない!

と意気揚々と逆側県道へ。

 

まぁ、道がなくてですね。

ちょっとアグレッシブな事にもなりました。

 

川原で遊んだりもしました。

あっこちゃんが俺に水をかけようとしたりもしました。

やられる前にやりました。

 

 

そして道はステキな道へ。

 

最初の鬼門としか思えないクソ道と違い、

この県道走りやすいったらありゃしない。

 

車は通らないし、

歩道広いし、

坂ないし、

 

本日始めてサイクリングをしたと思った。

 

で、腹減ったのでメシ。

うまいもん食いたかったけど妥協して喫茶店へ。

はっきし言って足らん。

まだおなかはペコペコです。

 

 

なのでモチを食う。

うまかった。

こういう食べ歩きもサイクリング部の醍醐味です。

 

 

以前道は良い道。

のんびりのんびり、先へ先へ。

 

 

そこにイチタから電話。

どうやら俺たちは最下位らしい。

う〜む、橿原神宮とか寄ってたからだろうか。

いや、多分最初のあの悪路のせいだろう。

 

本当はもう少し早くついて動物園へ行きたかったけど、

諦めてのんびり集合時間までに着くのを目標にする。

 

 

 

そして和歌山に入った俺たち。

途中ソフトクリームを食う。

うまかった。実にうまかった。

 

 

 

そして和歌山市内を爆走する俺たち。

そこに、

 

 

ドンッ!!!

 

 

飛びました。

人はあんなに軽く飛ぶのですね。

車ってスゴイ。

 

直後デジカメにダメージがないか確かめる俺。

良かった壊れてない。

自転車の車輪やブレーキ類を軽くチェックし、

こっちも無事。

俺の体。

ヒザすりむいただけ。

 

人間ってこういう時に価値観わかるんだね。

真っ先にデジカメ心配したわ。

 

んで、

「ちゃんと一時停止してくださいよ。」

とジェントルメンな感じ丸出しで、

半分キレながら運転手に言い、

急いでいた俺たちはとっとと先へ向かう。

 

あ、そういや包帯買ったのに使おうとも思わなかった。

 

 

そんでなんとかかんとか、集合場所へ。

ちょっぴり遅れたけど、良かった何とか間に合ってはいたようだ。

一安心。

 

 

 

で、その後はメシ。

野郎どもと回転寿司むさぼり食いに向かう。

ここでも迷う。

今日は迷ってばっかりだ。

 

ま、何とか寿司屋についた俺たち。

イチタの地図がオークワとイズミヤを間違えていたことは微塵も気にせず寿司を食らう。

 

光る眼光。

っつーかここ高ぇ。

いまどき普通100円ONLYだろ。

 

んで、店員の態度もムカツク。

笑顔っていう項目はあなたの辞書にありますか〜?

接客指導しろよ。ヴォケが。

 

まぁ何よりキレたのは、

2度も頼んだ俺の「蒸しアナゴ」が来なかった事だけどね。

食いたかったのに!!

 

しかしこないものは仕方がない。

諦めつつ、風呂へ。

 

 

 

え?時間ない?

どうやら俺らがのんびりし過ぎていたらしく、

銭湯に入る時間がなくなってしまったらしい。

FU○K!

すんげぇ楽しみにしてたのに!!!

 

しかし自業自得。

「田井のはサラブレッド。」

それだけ言い残し宿へ。

 

入れなかった風呂を宿で軽く済まし、

いざミーティング。

なんか色々あったけど、

とりあえず覚えているのは

イチタがちょっとかっこよかった。

やるな、部長。

 

 

その後は合宿恒例、

男だらけの男祭り。

 

まずはトランプでバツゲーム込みのセブンブリッジ。

テキトーに皆でバツゲームを書いた紙を用意して、

負けたらそれをする。

そんな感じ。

 

んで、ゴンとユウが負けて、

ユウはあさちゃんとの○○で××な赤裸々な出来事を。

ゴンは女子の部屋へパンツ一丁で乗り込むことに。

 

しかし、ヘタレチャリ部。

パンツはヤバイ。

女の子が泣く。

と、ズボンを許すことに。

 

もう、なんかグダグダになりつつ、

一発芸をやって終了。

クソゥ、もっとヒドイ事したかった。

 

ユウはお眠らしくここで撃沈。

寝てるところをバシッと激写。

 

で、この後はのんびりのんびりお話。

小学生の修学旅行かこれは。

 

 

男どもは夜になると饒舌になる。

特にイチタ。

ヤツは色々と話したがる。

それにつられて皆も言う。

 

俺はこう呼ぶ。

男だらけの男大会。

 

しかし今日はちょっと違う。

イチタはノビをターゲットにツーショットで話し始め、

他は目に入らないようだ。

俺は眠れぬ夜を共に過ごす者を探しに行く事にした。

 

発見。

便所の前にたむろする女性を。

どうして便所の前なんだろう。

 

まぁそんな事は微塵も気にせず、

便所にたむろするクミちゃん&カオちゃんに狙いを定める。

 

その後、ゴンが増え、もっさんが増え、

舞台はクライマックスへ。

しかし、

内容はカオちゃんが「言わないでください」って懇願してたので伏せることにする。

 

とりあえずもっさんが最高に面白かったと、それだけだ。

あの子は「おなか空いた」しか言ってなかったような気がする。

 

でまぁ、ゴニョゴニョゴニョゴニョ深夜までくっちゃべってると、

ネリが現れる。

「うっさいんじゃボケェ!!!ワレ金玉カチ割るぞ!!!」(意訳)

ネリが猛々しく吼える。

 

カチ割られるのは嫌なので、退散する事にする。

 

その後はそれなりにおとなしく就寝。

イチタはまだ何かしゃべってたような気がする。

 

 

 

5月23日

 

 

そして朝日。

清清しい朝だ。

 

しかし、

夜に蚊に調子こかれて刺されまくったせいで、

気分はよろしくない。

カユイ。

 

俺がボリボリかいてる間、

皆機敏に片づけをし、

なかなかスムーズに出発までこぎつける。

えらいぞみんな。

 

 

 

前の班を笑顔で送り出し、

 

 

出発!!

 

 

 

調子よく漕ぎ出す俺たち。

 

 

途中、名前は忘れたが、

何かいい感じの橋でパシャリ。

 

 

しかし、俺たち以外の班はこの橋を見ていない。

 

つまり、また速攻迷った。

 

何か俺の居る班はよく迷うなぁ。

 

 

まゆげにいっぱいせかされながら、

何とか海までたどり着く。

 

いや、ホントたどり着けてよかった。

 

 

で、

海を見ると騒ぎ出す野生児どもは、

大ハッスル。

泳げよ。

 

 

 

文明的な俺は、岩山でランチ。

 

 

ここになぜか一本だけ生えている松(画面中央)は、

絶対いじめだと思う。

 

しかし、海はいい。

 

何か、ぼーっとできる。

きっと、精神衛生上非常によろしいに違いない。

 

 

 

ただ、海に下りるまでに、ちょっと段差がありすぎる。

階段はキライだ。

 

 

 

 

ん、で、

海を堪能した俺たち。

 

次は紀三井寺へ。

まゆげだか、あっこちゃんだか、ユミちゃんだかは、

「ミキイデラ」とか言ってた気がする。

 

「キミイデラ」です。

 

今日は距離的に近いところばっかりチョイスしてるので、

みんなのんびりのんびり漕ぎ出す…、

と思ったら早いでやんの!!

 

みんな、しんどい言うてるくせに25`とか出すな!!

 

 

 

紀三井寺到着。

 

 

この紀三井寺。

何よりも特筆すべきは、

 

この石段。

 

 

バカじゃないだろうか。

 

おじいちゃんとか絶対何人か転げ落ちて死んでると思う。

ありえない。高さ的にありえない。

 

 

しかし、野生児どもは血が騒ぐらしい。

競争しよう!とかほざいて駆け出した。

 

とりあえず撮っといてやる事にした。

 

 

ちなみにこの辺りでイチタは歩き出す。

根性なしめ。

 

 

 

同じく、無駄に野生児な俺も走り出す。

 

ちゃんと走りきった!!…

 

嘘ゴメン。最後歩いた。

マジで足がガクガク言ってた。

 

あらぁ無理だわ。

 

だが!

田井と裕だか忘れたけど、

競争した中ではトップをいただいた。

 

ちなみに田井はペットボトル2本背負い込んでた。

かばんがクソ重かった。

田井はちょっと頭の弱いコだと思う。

 

 

 

よくわからんオブジェ。

 

でかけりゃいいってモンではないが、

でかいと何かしら激写してしまう俺。

 

でかいって素晴らしい。

 

 

 

 

 

 

で、無駄に石段登っただけあって、

景色も素晴らしい。

 

エレベーターならもっと素晴らしかった。

てか、あれマジで安全とかダイジョブかよ。

石段ツルッツルやったぞ。

 

 

 

でかい木。

 

やっぱでかいって素晴らしい。

 

でけぇなぁー。

 

 

ちなみにこの写真を撮った後、

俺はずっと寝てました。

 

みんな色々と見てたみたいだけど。

 

俺ってデリケートだから、

日に10時間は寝ないと活動できないんだよねー。

 

 

 

 

 

んで、帰る。

 

行きは人が少なくて石段ダッシュとかしたけど、

なんかメチャメチャ人が増えている。

 

 

しかもじいちゃんばあちゃんもすこぶる多い。

転げ落ちないか心配だった。

まぁどうでもいいけどな!!はは!!

 

 

 

 

そんで、

次の舞台は黒潮市場。

メッチャ楽しみ。腹減った。

 

はりきって行くぜ!!

 

 

そこへイチタからTEL。

 

「帰り道にウマイ焼き鳥屋があるよ〜」

 

 

店を見つけ、猛然と買い込む俺。

あ、これウマイわ!!

 

 

情報ってのは大事だなぁと感じる。

 

合宿反省会でも言っていたが、

先行した者がこうやって情報をくれるとなかなかよろしい具合だ。

 

 

 

 

んで、そんなこんなで、

 

 

 

 

黒潮市場到着!!

 

 

いやね、

はっきり言うわ。

黒潮市場ナメてた。

 

 

けど、どすげぇよコレ!!

 

近くに遊園地とか、レストラーンとかあるからだろうか、

市場のくせにメチャメチャキレイ!

 

いわゆるデートスポットってヤツにぴったしだな!!

 

小汚ェチャリ部の面々には似つかわしくないほど美しかった。

 

 

 

しかも!バーベキューが無料でできる!

中で買い込んだ食材を外で自由に貪り食う事ができる寸法だ!!

 

けど値段クソ高ェでやんの!!

うまい事やりやがんな!!

高ェのについ買い込んでしまったよ!!

 

 

 

まぁつべこべ言わずに見てみろって。

 

 

マジで、うまかった。

 

 

 

イチタもむさぼり食っていた。

 

 

ただ、アレだ。

貧乏チャリ部、バーベーキューに魅力を感じない人間も多くいたらしく、

なぜか海辺でアイス食ってるもの多数。

 

 

ちょっぴり寂しかった俺。

みんなでバーベキューがしたいなぁ。

 

実は、これが後にキャンプを強行するに至った動機である事は誰も知らない。

 

 

 

 

 

 

で、まぁ黒潮市場を満喫しまくった俺!

最後の目的地、和歌山城へ出発!!

 

 

 

そしてまたもやアクシデント発生!!

 

 

 

ゴンと歩道を併走してた俺。

歩道は広い、人も居ない。油断しきっていた。

 

そこへ、

 

 

ゴガッ!!!

 

 

横からロケットのごとく、チャリが特攻。

MYチャリフレームに激突。

 

 

しかし、

車の時よりもはるかにスピードがあるものがぶち当たったのにも関わらず、

右足一本でその衝撃を耐える俺。

 

 

俺は学習する。

 

速さより、重さ。

 

 

んで、とりあえず、

「危ねェな!!!!コラァ!!!!」

と叫ぼうと思ったら、

 

なかなか美しいセクシャルな女性だったので、

 

「あ、ダイジョブっすか?ケガしてません?」

 

男ってのはこんなモンなんだな。

我ながら悟ったわ。

 

 

 

 

で!

またもや俺の班は遅刻しつつ、

 

 

和歌山城へ到着!!

 

遅刻した理由が、

他の班に追いついたからコンビニで時間をつぶしてた、

という本末転倒ぶり。

 

う〜む、俺はもう少しキチッっとせんといかんな。

 

 

 

意外とつまらん城を眺め、

記念撮影後、その場を後にする。

 

 

 

 

その後は皆で和歌山駅で輪行。

初輪行にも関わらず、結構みんなできてた。

時間余ったし。

エライぞみんな!!

 

ちなみに横で宗教勧誘してたのがとてもウザかったのは内緒。

 

 

 

そして電車に乗り込む。

ゴンがチャリを見張ってくれている中、

電車内で爆睡する俺。

 

和歌山楽しかったなぁ。

そんな感じの夢を見ていたと思う。多分。

 

 

 

電車にガタゴト揺られつつ、

無事奈良に到着。

 

 

 

 

…とまぁ、こんなモンだった春合宿。

計画を練りに練ってくれた係りの皆さん、お疲れ様。

おかげで、とても楽しい合宿ができました。

 

また、今回の合宿では、

おざなりになりがちだった、反省点を深く掘り下げ、

感想ではなく、反省という点に重きを置いたミーティングを行いました。

 

みんなちゃんと覚えているかい?

…俺はうろ覚えだよ。

 

夏合宿にいかせるよう、ガンバりませう。

 

2style.net