春合宿レポート@Nelly

とりあえず、みなさんごめんなさい。
朝遅刻しました。
かおちゃんが部屋まで来てくれなかったら起きられませんでした。
かおちゃんありがとう。

楽しみなことなら、切羽詰った大事なことなら、
どんなに朝早くでも、夜遅くでも大丈夫なのに。

実は和歌山なんて行きたくないって気持ちでいっぱいでした。
ここずっと部活に参加していなかったこと。
自分の体力のこと(若草山とか)。
メンバーとのコミュニケーションのこと。
いろいろ考えたら行きたくない気持ちが溜まっていって、
それが起きられないってことにつながったんだと思います。

…と都合良く。

焦って学校まで行こうとしたら近所のおばちゃんに捕まる。
結構長いこと捕まる。
軽く軟禁されてるかのよう。
以下、おばちゃんの独り言的おしゃべり。

朝っぱらから元気ねぇ〜。
自転車で和歌山行くの?
教育大の前通ったら自転車の学生さんたちがいっぱいおったわぁ〜。
とか とか とか とか とかねぇ〜。
何か今の自転車はハイテックなのねぇ〜。
こう尖ってたりして(と言いつつチェーンを触る)。
あらっ?!手が真っ黒なってしもたわぁ〜。
あ、気にせんでえぇ、えぇ。
こんなん洗ったら取れるさかいな。
あ、そうそう。
さっき教育大の前で写真撮っとったわぁ〜。

!!!

みんなと合流となる。
遅い遅いとダメだしされつつ、
寝起きの私は旅に出る。

ここで初めて班員の確認。
・・・イチタ先輩
・・・もっさん先輩(当時)
謎の多い人と一緒になってしまったものである(キートン山田風)。

さて、出発。
紀寺住宅のあたりでペンさんの班に追いつかれる。
時間差で出た意味が無いじゃないですか。
それくらい寝起きでもわかる。
は見えてなかったけれど。

そこからどうやって走ったか、さっぱり覚えていない。
1回目の休憩のとき。
何故かマンケソ先輩とHeroに出会う。
何分休憩しているのだろう?
宝の持ち腐れだと普通に思う。
立ち読みくらい和歌山でもできるよ。

やっと頭が起き始める。
イチタ先輩がかっぽぬーどーとこかこーらを食べ始めた頃。
高いけどウィダーインゼリーを食べた。
時間をかけたくなかった。
私の班が1番体力無くて遅い班だったはずだったから。

出発してしばらく、イチタ先輩に異変が起きる。
かっぽぬーどーとこかこーらの祟り。
そりゃ胃から上がってくるでしょう。

Don't mind.あなたなら頑張れる。

私はそう心の中でつぶやいて走りつづけた。
もっさんも同じように走りつづけた。
イチタ先輩、女は強いんですよ。

頭も冴えてきた2回目の休憩。
またマンケソ先輩とHeroに出会う。
ゴンもといWallyを待っているそう。
その間にアイスの実をみんなで分けっこする。

あと15分で行きます!と言ってたらしいはずのWallyが7分くらいでやってくる。
何故かここでストレッチ。
身体を伸ばしながらWallyの住まいの位置を教えてもらった。
どこに行くにも山越えしないといけないのね。
私は相当体力がないので(男子と比べるのが間違ってるけど)感動。

その後Hero、Wally、イチタ先輩で雑談を交わしているとマンケソ先輩がいない。
行くで、と独り言のような出発を告げ、見えなくなるくらい遠くへ行ってしまった。
焦る2人。
笑うイチタ先輩ともっさん先輩。
笑えない私の頭はまだまだみたいだ。

ここからしばらく坂だったと思われる。
1つ目は自転車押して歩いた。
でも、2つ目以降は結構あっさり登れたように思う。

ここから見た朝焼けは綺麗やったんやで。
と熱っぽく語るイチタ先輩は ちょっと格好良かったかもしれない。

それからは走る走る。
車に幅寄せされて止まってしまったために置いてかれたりもしたけど。
特に問題もなく進む。
これもひとえに道を熟知しているイチタ先輩のお陰。
もっさんも私も任せっきりに。
うーん、もういいか。
このへん飛ばそう。

で、走ってたら途中でとってもお腹が空いてくる。
ウィダーインゼリーしか食べてなかったら当然ですな。
駅の近くでこのへんの美味しいものの聞き込み調査を開始する。

聞くところによると、鮎寿司が名物とな。
お腹が空いた…。
和歌山に着いたら、何でもいいからお寿司を食べることに決めるイチタ班。
お昼ごはんは小さいパン1個とみかんでそこそこに。
色々な班に声をかけて、ペン班と食べようということで落ち着く。

何か途中のオークワにいるらしいペン班。
ここかなーと言いながら通り過ぎる(どうやら当たりだったらしい)。

この辺から先頭をイチタ先輩と交代する。
道は基本平坦。
私でも20とかそれ以上出せるような道。
スピードにのって和歌山(市)入り。

市街地はまだかなー、とコンビニでのんびりしてるとペン班が後ろから。
めぐちゃんの笑顔に癒される(※ココ重要)。
お寿司まで頑張れそうな気がして、合流して走り出す。

この川を渡らないとってときだったか。
進行方向から向かってくるマンケソ班を発見する。

Don't mind.あなたたちなら頑張れる。

…で、和歌山市街到着!
早速お寿司を探そうとする。
聞き込み調査開始(また)。
ぁ、柚子大根美味しそう@漬物屋。

ん?まゆげ先輩が電話かけてる。

どうやらお兄さんを呼び出す気らしい。
和歌山在住のお兄さん。

…結構爽やかジェントルマン風でした。
お仕事中にどうもありがとうございました。

それからというもの、はらぺこ3人組と化しているイチタ班。
市街地で車も多いのに20で走る。
常に危険と隣り合わせ。
私とイチタ先輩は何度となく車に轢かれかけた。
全てはお寿司のため。
そこまで飢えていたのだ。

そして見つけた回転寿司。
3時から昼ごはんとか、って思いますけど。
お腹空いてるからラーメンのこと考えずに食べる。
やっぱり最初は納豆巻きでしょう。
あとは穴子とか、鰻とか、トロサーモンとか、はまちとか。
お腹が空いてたのもあるけど、やっぱり和歌山の魚介類は新鮮だった。
○っぱ寿司と違うしね

お寿司の食べ具合(?)は班で全く違った。
ペン班の3人は、途中でうどんをしっかり食べてしまっていたらしく、
ひとり3皿程度しか食べられてなかった。

が。

はらぺこイチタ班はどんどん注文していく。
回転してるのはほとんど取らずに注文していく。
回転の意味が無いじゃない。
ま、美味しいものが食べられればそれで良し。
そんなもんなのかもしれない。

しばらくしてイチタ先輩が店員さんに聞いた。
この店で一番おすすめの美味しいネタってありますか?
そりゃあ中トロでしょう。
じゃあそれお願いします。
はい!中トロおねがいしま〜〜す!

お会計。
Nelly&もっさん…\1200くらい。
イチタ先輩…\1500くらい。
めぐちゃん、まゆげ先輩&ペン先輩…3人合わせて\1200くらい。

私たちの班が食べ過ぎって言うよりも、
ペン先輩たちが食べなさ過ぎ。

食べ終わってから、まだ時間があるということで、
地元の人に聞いてビッグホエールという建物に向かう。
何かしらイベントやってるでしょ、と軽く言われたのだが、
あれ?何もやってないよ?

…うーん…。

何かビッグホエールの前で踊ってる人たちに聞いてみる。
イベントやってるのって、隣のビッグ愛の方じゃ?と言われそちらへ。
B級着物展とかやってた。
個人的にはすごく見に行きたかった。
来年成人式だから、振袖が見たかった。
ま、そんなことはどーにでもなるので屋上の展望フロアに向かう。

うおーい!

なかなか良い眺め。
景色を見ながら地図の確認をする。
これから向かうとこはどっちに位置するのか?
以下、私とまゆげ先輩の会話

ん?どっちなん?
だからー、ミサワホームがあって。
ぇ、あの 黄緑色 の看板の方?
違いますって。目の前にあるあの看板。
ぇ、あの ピンク色 の看板の方?
違いますって。目の前にあるあの看板。
ぇ、あの 水色 の看板の方?
違いますって。目の前にあるあの看板。
わからんもんわわからんもんさー。
はーい、まっすぐ目を向けてー。
んん〜〜?

わかってもらえないのでイチタ先輩と交代する。
その後出発。
すぐに待ち合わせ場所に着き、他の班の到着を待ち侘びる。

あー、ゆみ先輩たち来たー!
ん?あれ?
通過する?!
ゆみ先輩!あさちゃん!かおちゃん!

あとはおしゃむ班待ちなのだが、どうやら車に轢かれたらしい。
でも実は私、あんまり心配してなかった。

Don't mind.おしゃむ先輩なら頑張れる。

勝手にそう思ってたら、想像とは反対の方向から登場。
どんだけ道間違えたんだろう?と思いつつ苦労を労う。
特にくみっち。

ここからラーメンとお風呂の班に分かれる。
ま、基本的に同回生のの男女別になりますな。
あさちゃん、めぐちゃん、かおちゃん、くみっち。
お風呂に行く時間も考えて「まるやま」に行こうとする。

が。

発見できず。
ごめんね可愛い女の子たち。
文化会館まで来てしまっていたので、戻るのも面倒。
じゃ、○宮にしようか、と予定を速攻で変更して向かうは○宮。
結構わかりやすいトコにあった。
お風呂も近いみたい。
お店も空いてたのでラーメンを5つ注文。
雑談に花が咲く。

ラーメンはとっても美味しかった。
他の娘が詳しい感想を書いてくれるはず。
ねりれぽでは省略。

その後、雑談しながらお風呂へ。
みんなでラーメンを食べてる間に地図を確認しあった甲斐あり。
スムーズにすすむ。

お風呂の到着は2番目。
1番早いのは3回女子班だった。
さすがです。
お風呂あがりに牛乳飲もうね、なんて言いながらお風呂へ。

…熱かったです。
お湯よりむしろ水の方が気持ち良かったです。

それから牛乳をみんなで飲んで、忘れ物無いか確認。
外に行って自転車を出す…とおしゃむ先輩たちがいない。
理由はおしゃむ先輩のレポートに書いてありますので。

泊まるところは何にも無いお座敷。
個人的には嬉しい。
Simple is the best.

反省会の後、しばらく雑談を交わして寝る。

…クスクス
………ハハハ
……………………フフフ

ねりキレる@2時半。

私寝つき悪いんです。
それに廊下に声響いてますよ。
明日の朝早いのに。
さっさと寝なさい!お前らは小学生かアホ!

1日目はこんな感じで終了した。



そして翌日。
例によってとってもとっても眠かった。
そして、例によって目がしぱしぱした。

雪の多く降る地方では、雪による太陽光の反射で目の角膜が傷つく雪目ってのがあるんですよね。
去年の合宿でも起こりましたが、今年もそれになるとは。
道路の照り返しにやられてしまったんですね。

2日目の行動班のメンバーは、 イチタ先輩漫研先輩ペン先輩



微妙。



何とも言えませんね、この班編成。
でもまぁ取り敢えず浜辺を目指すことに。

イチタ先輩が道を知っていたので最初に出発して、最初に海に着く。
でも、コンビニに寄るの忘れる。
朝ごはんはきちんと食べませう。

漫研先輩とペン先輩に買い出しに行ってきてもらうことにして、
私とイチタ先輩はぼけーっと過ごす。

ぼけー………。


あ、おったぁー!
はい、びっくりしましたよ。
まゆげ先輩の声はでかいんです。

で、ぞくぞくとみんなが到着し朝ごはん。
ちょっとだけ水につかりつつ、のんびりごはんを食べて再び

ぼけー………。


はい、ネリーさん行きますよ。
はい、びっくりしましたよ。
イチタ先輩の声は不意打ちだったんです。

で、紀三井寺へ。
ここはおしゃむ先輩が書いていたので省略。
ちなみに、おしゃむレポートはココです。

で、黒潮市場。
いつものことながらお腹が空いており、楽しみで仕方が無い私。
黒潮市場の看板の前でみんなで記念撮影。
そのときに気づいたこと。
結構メンバー揃ってたんや、と。

しもたにさんとおかんも来れたら良かったのに。
でもこの願いはキャンプのときに叶うことになりそう。
よってあまり気にせずに意気揚揚と中へ。

そこはお魚天国!

肉より魚が好きな私には願ったり叶ったりの場所。
喜びを隠し切れない。
というか隠す気なんてほとほとない。

大喜びでバーベキューをしたのだが、ここで新事実を知る。
朝子さんは生魚がとっても苦手。
意外でした。
でもおかしいわな。
自分が魚が好きだからそう思うだけで、魚が嫌いな人だっているわな。

ごはんとアイスクリームを食べてお腹いっぱいになったところで和歌山城へ。
ここで、和歌山城を見学する人と和歌山駅でお土産を買う人に分かれる予定だったのだが、
結局記念撮影をしたいので全員が和歌山城へ。

結構良かったですよ。

そして、和歌山駅へ。
途中体力が落ちて置いてかれそうになったので、
信号待ちを理由にみんなを待たせる。
後にこれが車間をちゃんと取ってたと誉められるのだが、何のことだかわからなかった。

奈良行きの電車の中。
みんな爆睡。

そこから反省会、けむりやで打ち上げをやったのだが、
煙に目をやられたことと、火力が弱くてお肉が焼けなかったこと しか覚えてません。

ネリーはもう疲れましたよ。
だから寝ます。
おやすみなさい。

夏合宿もこの調子で楽しくやれたらいいな。

2style.net