鎌倉駅西側「鎌倉御成通り」をめぐる

鎌倉駅西側「鎌倉御成通り」をめぐる

鎌倉駅西側に続く『御成通り』

個性的なカフェ、雑貨、家具、スイーツ店が続々誕生している鎌倉の商店街「御成通り」をご存知ですか?

鎌倉駅周辺。観光客でにぎわう小町通りとは違い、駅の反対側である西口の「御成通り」には、地元の人たちが愛用する商店街ならではのまったりとした時間が流れています。その「御成通り」に近年、個性的なカフェやスイーツ店、雑貨屋さんなどが次々とオープンしています。2009年には湘南経済新聞でも多く取り上げられていました。昔から続く商店があるなか、もとの雰囲気を壊すことなく新しい風をふきこんでいます。

そんな地元人が行き交い、観光客の穴場スポットとして賑わいを見せる御成通りと周辺の情報をご紹介したいと思います。

観光と歴史

扇ヶ谷 源氏山

西口を出発して扇ガ谷から 化粧坂を越え 源氏山へいたる道は、野趣あふれる散策コースとして知られており、名刹も多く、鎌倉五山第三位の寿福寺はじめ、浄光明寺、海蔵寺など由緒のある寺をたどることもできます。

化粧坂を登ると本格的な山道となり、木々が鬱蒼と生い茂る源氏山へと到達。この辺りは桜の名所でもあり、春には薄紅色の山桜に彩られます。

  • 寿福寺 - 鎌倉五山第3位。臨済宗。山号は亀谷山、開基は北条政子、開山は栄西。
  • 英勝寺 - 浄土宗。開基は太田道灌の子孫で徳川家康の側室であった英勝尼。鎌倉に現存する唯一の尼寺。
  • 浄光明寺 - 真言宗泉涌寺派準別格本山。山号は泉谷山、開基は北条長時、開山は真阿。重要文化財の阿弥陀三尊像、国史跡の冷泉為相墓がある。
  • 薬王寺 - 日蓮宗。山号は大乗山、開山は日像。
  • 海蔵寺 - 臨済宗。山号は扇谷山(せんこくざん)、開基は上杉氏定、開山は蘭渓道隆の法系の空外(くうげ)とも言い、寺伝では曹洞宗の僧・源翁禅師(心昭空外)とするが定かでない。「十六ノ井」という中世の岩窟(井戸とも墓所ともいう)がある。
  • 葛原ヶ岡神社(くずはらがおか) - 祭神は日野俊基。1887年(明治20年)頃の創建。
  • 銭洗弁財天宇賀福神社 - 祭神は宇賀神(弁才天と同一視される)。源頼朝の創建という。境内奥の洞窟の湧き水でお金を洗うと数倍になって戻ってくるという信仰がある。
  • 佐助稲荷神社 - 鎌倉幕府開設以前からの古社。当社の神霊が頼朝の挙兵をうながしたとされ、佐殿(すけどの、頼朝の呼称)を助けたとの意で佐助稲荷と名付けられた。
  • 阿仏尼墓 - 中世紀行文の名作「十六夜日記」の作者阿仏尼の墓は、英勝寺のほど近くにある。
  • 岩船地蔵堂 - 木曾義仲の長男義高に嫁いだ大姫は、父・源頼朝に夫を殺され自らも命を絶つ。その悲恋は「吾妻鏡」の記述にもうかがえる。
  • 鎌倉大谷記念美術館 - ホテルニューオータニ前会長故大谷米一氏を偲び、鎌倉の邸宅を内部改装し、1995年に邸宅美術館としてオープン。
  • 化粧坂 - 鎌倉七切通しのひとつ。名の起こりは討ち取った平家の大将の首にここで化粧を施したという説と、多くの遊女が宿を張っていた等という説がある。
  • 源氏山公園 - 化粧坂を登り切ると、英勝寺と寿福寺の裏にまたがる源氏山に出る。この公園は、1965年に山の地形を利用して造られた。
  • 日野俊基の墓 - 葛原岡神社の境内、木立のなかに宝篋印塔がひっそりと立つ。

鎌倉町立御成小学校(旧御用邸)

1899年(明治32年)9月に、明治天皇の皇女である富美宮・泰宮による避寒のため、神奈川県鎌倉郡鎌倉町大町(現:神奈川県鎌倉市御成町)に造営された御用邸。

明治時代並びに大正時代の鎌倉は、山階宮家、島津・松方両公爵家、前田侯爵家など、皇族や華族、政府高官の別荘が存在する海浜別荘地として著名であった。1894年(明治27年)1月には近隣の葉山に御用邸(葉山御用邸)が造営されており、また、大正天皇や英照皇太后による行啓が行われるなど、皇族にとって所縁ある地であり、前田侯爵家別荘(現:鎌倉文学館の地)に長期滞在したことのある両内親王(富美宮・泰宮)にとっても、鎌倉は東京から近距離で、社寺や江ノ島、金沢など情緒ある行楽地であった。

震災後、御用邸内の建物は再建されることはなく、また、貸与されていた柳原の別邸敷地は新たに下賜される。やがて、宮内省は震災被害を契機として不要な御用地を整理する方針をとった結果、鎌倉御用邸も廃止対象に挙げられた。

1933年(昭和8年)11月、鎌倉町立御成小学校が開校された。校門は当時のままに冠木門を利用し、校名・校章は、かつて校地に御用邸が存在した故事に因んで制定されている。現在、跡地には御成小学校の他、鎌倉市役所、鎌倉市中央図書館などが立地している。

1965年(昭和40年)、住居表示に関する法律施行に伴う地名変更に際して、鎌倉市は旧鎌倉御用邸の周辺地域(大町、小町、扇ヶ谷)の一部について、御用邸が存在したことを残すべく町名を御成町に変更した。

スターバックス 鎌倉御成町店

「フクちゃん」で有名な漫画家、横山隆一氏の邸宅跡地に建てられています。生前、漫画家たちが集まるコミュニティの中心地でもあった邸宅は、氏が愛した桜の木、藤棚、プールなどをそのまま残しながらも、こだわりのある地元の方々が心地よく集う空間に生まれ変わっています。

横山隆一

高知県高知市出身の漫画家、アニメーション作家。代表作は早稲田大学のマスコットキャラクターとしても有名な『フクちゃん』。

高知県立高知城東中学校(現・高知県立高知追手前高等学校)卒業。

漫画家である傍ら、アニメ制作会社おとぎプロの主宰も務め、1957年に制作した『ふくすけ』ではブルーリボン賞、毎日映画コンクール教育文化映画賞を受賞。1961年には日本初のテレビアニメシリーズ『インスタントヒストリー』を制作した。この作品は1分程度の放送であったために、後発のテレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』の陰に隠れた存在となってしまっている。

2001年11月8日、脳梗塞の為に神奈川県鎌倉市の自宅で死去。翌年に「横山隆一記念まんが館」が高知県に開館することが決定しており、開館を待たずに旅立っていったことは当時の地元新聞でも悔やまれていた。

2style.net