俳優『三田村邦彦』さん応援サイト

俳優『三田村邦彦』さんの非公式ファンサイト

当サイトは、俳優『三田村邦彦』さんの非公式ファンサイトです。
三田村さんの素晴らしさをバシバシご紹介していきたいと思います。

プロフィール

三田村 邦彦(みたむら くにひこ、1953年10月22日 - )は、俳優・歌手。新潟県新発田市出身。血液型B型。身長178cm。極度の近眼であり、コンタクトレンズかメガネを使用していたが、2006年、レーシック手術を受け、現在は裸眼である。

元妻は女優の中山麻理で、実子は俳優の三田村瞬(長男)と中山麻聖(三男)。二男は一般人。

本名 三田村 邦彦(同じ)
生年月日 1953年10月22日
出生地 日本・新潟県新発田市
血液型 B
職業 俳優、歌手
ジャンル テレビドラマ、映画、舞台
活動期間 1979年-
活動内容 1970年代中期:劇団青俳入団
1979年:映画「限りなく透明に近いブルー」でデビュー
同年:『必殺仕事人』(以来、必殺シリーズで錺職人の秀役)
1980年:『獅子の時代』
1982年:『太陽にほえろ!』
1984年:「序の舞」、「Wの悲劇」
1990年:『渡る世間は鬼ばかり』
1997年:『京都祇園入り婿刑事事件簿』
配偶者 中山麻理(1980年-1999年)
家族 長男(三田村瞬)
二男
三男(中山麻聖)

来歴・人物

新潟県立新発田高等学校卒業。上京後は看板屋で働きながら劇団青俳養成所を経て劇団青俳に所属。デビュー作は1979年の映画『限りなく透明に近いブルー』。その後『必殺シリーズ』(ABCテレビ)に飾り職人の秀役で出演して人気を博し、『太陽にほえろ!』(日本テレビ)にはジプシー刑事役で出演した。以降クールな役どころ、コミカルな役どころ、持ち味である繊細さ・甘さを活かした役どころで幅広く活躍。時代劇ファンにもマニアックな支持者が多い。

1980年にデビュー作で共演した女優の中山麻理と結婚、3子を儲ける。1999年に自身の高橋かおりとの不倫が発覚し離婚。長男と二男の親権を持つ。2010年5月16日に26歳年下の元テレビ番組制作会社社員の女性と5年間の交際、1年間の同棲を経て再婚した。

歌手活動も行っており、シングルやアルバムを多数リリースしている(TDKレコードより歌手デビュー、後にコロムビアレコードへ移籍。2010年5月をもってインディーズで音楽活動を再開)。現在はTBSの連続ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』に出演するほか、フジテレビの単発ドラマ『京都祇園入り婿刑事事件簿』もシリーズ化されている。舞台ではミュージカルに出演しており、代表作は『ブラッド・ブラザーズ』(初代エディ役)、『スクルージ』(2代目スクルージ役)、『NEVER GONNA DANCE』(モーガンサル役)など。

エピソード


2style.net