小遣い稼ぎ
小遣い稼ぎの
        お勧めは「アドセンス」
最近のアドセンス規制

2008年末辺りから、グーグルからアカウントの警告・停止のお知らせがメールで届く方が増えているようです。
コンテンツ不足の薄いサイトにアドセンスを貼ったり、規約違反な使用方法をされたりすると強制的にアカウント剥奪になり、使用できなくなります。
クリックだけで報酬が発生する「クリック課金」の小遣い稼ぎとしては、他と比べものにならない高額報酬なので、使えなくなるのは痛手になります。
LINK

自己破産クレジットカード
 小遣い稼ぎの王道は「Google アドセンス」

 考えないでいいテキストマッチの自動配信のアドセンスが一番なのは、月間の訪問者が多い「人気ブログランキング」や「ブログ村」等のアフィリエイトの綺麗なバナー広告を見て頂ければ
 分かります。毎月の張り替え作業も不要で楽して一番稼げるから最先端のアメリカ発祥のアドセンスにしているのです。
 世界的に見ても「Googleアドセンス」は外出せず寛いだ自宅でお金を稼ぐ安定した副業として王道なので、確実性将来性のある小遣い稼ぎです。

 《月間収入シミュレーション》
アクセス数/1日 月間収入金額
100 ¥1,395
500 ¥6,975
1000 ¥13,950
3000 ¥41,850
5000 ¥69,750


 《マウスでのクリックのみ》
 アドセンスの特徴は、第三者に「1回クリック」されるだけで2カ月後に支払われる収入が発生することになります。
 1回5円~200円と様々ですが、平均で約15円の小遣い稼ぎです。
 ネット広告を選ぶ必要もなく、無料ブログやホームページにHTMLを数行貼り付けておくだけなのです。
 「放ったらかし」でお小遣い稼ぎが将来的に可能ということです。

  小遣い稼ぎとして、アドセンスを始めるには

 《事前審査が必要です》
 誰でも出来るわけでなく厳密な審査が必要です。オリジナルの無料ブログかホームページが審査対象になります。
 10ページほどの記事を書いて、余計な広告なしで申請されると通りやすいと言われてます。
 1度審査をパスすれば、他のサイトでも審査なしで広告を使いまわして貼り付けれます。

《アクセス数を簡単に上げよう》
 良くクリック単価とか、クリック率と巷で言われてますが、最初は気にしないで「ユニークなアクセス数」
 を伸ばしましょう。総合の収入は具体的な計算式でいうと
 
      
アクセス数×クリック率×クリック単価
 となりますが、収入が月間5万円を越えるまでは、アクセス数が優先です。

《複数の無料ブログ・ホームページを作ろう》
 1つの無料ブログやホームページで苦戦するよりは、手広くやった方がコツが掴めます。
 できれば10個以上。1個が月間3000円の小遣い稼ぎとして、月に3万円を目指しましょう。


《安定性》
 Googleアドセンスの大きな特徴は、安定した小遣いです。逆にいうと一度売上を上げれるように
 サイトを自力で構築してしまえば、しばらくは安泰です。


《過去5ヶ月 小遣い稼ぎ》
アクセス数/日 クリック率 クリック単価 報酬額(月間)
2007/12 2,677 0.67% 15.3円 ¥8,295
2008/1 3,236 0.73% 17.0円 ¥12,168
2008/2 4,635 1.01% 17.5円 ¥22,542
2008/3 6,355 2.32% 19.4円 ¥84,456
2008/4 6,791 3.20% 18.4円 ¥112,302
 グーグルアドセンスで日給2万円稼ぐ トップアフィリエイター

アドセンスで稼げない人

・サイトの数が圧倒的に少ない
・サイトを増やすのでなく、オリジナル記事を下層に増やそうとする人です
・採算の考えなしにサイトを次から次へと量産する
・稼げる確信がないから、新しいサイトを時間を掛けて作ろうとしない
・机上の空論ばかりで、全然実践しない人


実際にグーグルアドセンスの収益で派手に稼げている人は、なかなか表に出てこない


稼げているか否かの判断は、「それだけで借入しないで生活できているかどうか」でしょう。
グーグルアドセンスだけで生活費の収入を稼ぐアフィリエイターは、日本では少ないです。
海の向こうのアメリカでは、月収100万円とかはざらにいますが、日本では「単価が低い」ので月50万円
平均のサラリーマン以上に稼げている人は、いても全国でも本当に僅かでしょう。

「アドセンスで稼ぐ」ということは、アフィリエイト事業としては一番安定的な収入ですので、
そのノウハウを身につけても、世間に一般では公表することはとても少ないでしょう。
Copyright 2017 ken All rights reserved
2style.net