職種別志望動機の書き方

履歴書を書くときにはどんな職種の人でも「志望動機」と言うのは重要な項目です。しかし、重要だと分かっていても実際に何を書いたらいいのかは迷ってしまいますよね。ここで職業別に実例をあげてみますので参考にしてみてください。

まずは技術系の会社を志望する場合、会社の技術力を持ち上げ、自分がそれに対していかに役に立つかをアピールします。

「貴社の○○はとても技術力が高いと聞いているため、それにかかわる仕事に携わることができたらと考えています。私は今まで×年ほどそれに従事した仕事を経験していますのできっとお役に立つことができると思います。」

次に営業職に関してですが同職からの転職の場合は経験を出してアピールすることが大切です。

「貴社が取り扱っている○○には大変興味があり、私が長年培ってきた営業の経験が活かせるのではないかと思います。私の最大の武器は飛び込み営業が得意と言うことですのできっとお役に立てるのではないかと思っています。」

上記のことは転職に関してのことですので今までの経験なんか書くといいと思いますが、新人となると経験がないためにアピールできるのが性格面と言うことになると思います。

相手側も十分理解した上で履歴書をみると思いますのでいかに自分が社風にあっているかを強調するのがいいのではないかと思います。

履歴書に書く志望動機の書き方は本当に難しいと思います。しかしそれを見る相手の立場になって少し考えてみると意外に書きやすくなってくると思います。

スポンサードリンク
Copyright (C) 2008 履歴書 志望動機の書き方・例. All Rights Reserved.
2style.net