志望動機の書き方のポイント

履歴書を書くときに自分がその仕事をしたいんだということを履歴書の志望動機に書いてみるのはいいかもしれません。

本当はこういう仕事をしたかったのに今まではチャンスに恵まれず今までできなかったという話はよく聞きます。実際にそういう人は多いのではないでしょうか。

やりたかったけど出来なかった、なぜ出来なかったのかということを履歴書に書いてアピールするのはいいことだと思います。

例えばあるアロマセラピストの場合で考えてみましょう。「私はアロマセラピストとしてお客様に施術してきましたが、そこで使用しているアロマオイルに興味を持つようになり販売業もやってみたいと思うようになりました。

しかし今勤めているサロンは販売業はしていなかったためやることが出来ませんでした。ですのでここのサロンでは施術も販売もできるという職場だと聞いていますので、よりレベルアップが可能になるのではないかと思い、こちらを希望させていただきました。」

などと書いてもいいと思います。他の業種でも使える方法だと思います。

大切なことは、いい言葉を書くことではなく自分がどういう仕事をしたかったかと言うこと、同じ職種の転職なら、なぜ今までそのやりたいことが出来なかったのかと言うことをアピールしてみることだと思います。

この2点を中心にして簡潔に、かつ明確に自分の意思と熱意を志望動機という欄にうまくおさめ、相手に伝えられるようにするのがいいと思います。

スポンサードリンク
Copyright (C) 2008 履歴書 志望動機の書き方・例. All Rights Reserved.
2style.net