熱意が感じられる志望動機の書き方

就職の面接をする際に履歴書を書くと思いますが、そのときに最も重要なのは「志望動機」を書くことだと思います。

志望動機にはなぜこの会社を選んだのだろうか?という採用側の疑問点を解決する必要があります。そのためにはまずは希望する会社の情報を最低限は知っておく必要があります。

上場している企業ならば「会社四季報」などを見て規模や事業内容などを調べたりしておいて、上場していない会社でもインターネットなどで検索しできるだけ調べておくようにしましょう。

また、誹謗中傷などが掲載されているサイトもあるかもしれませんが、それを精査する力も自分自身で養う必要があります。会社の情報などを調べておくだけで会社側からみると、それだけこの会社に入りたい意志があるんだというようにみなしてもらえるかもしれません。

次に調べた会社側の情報と自分自身の情報を照らし合わせ共通点を見いだしてみましょう。仕事に活かせそうな資格や経験、特技などがあったらアピールしましょう。またそのアピールにたいしての具体的なエピソードも交えて書くことができればさらにいいと思います。

採用する側は履歴書をものすごくたくさんみていることだと思います。「やる気と根性は誰にも負けない自信があります」という根拠のないアピールよりは、より具体的なエピソードを交えたアピールの方が印象に残りやすいのではないかと思います。

熱意を志望動機に込めて書いて、相手にそれを伝えられるような文章を心がけましょう。

スポンサードリンク
Copyright (C) 2008 履歴書 志望動機の書き方・例. All Rights Reserved.
2style.net