志望動機の記入の仕方

履歴書を書くときに、比較的書くのが難しいところというと「志望動機」の欄だといえると思います。志望動機を書く内容ですが社員での応募なのかアルバイトの応募なのかその用途によって異なってくると思います。

例えばアルバイトやパートの場合の履歴書ですが、この場合、志望動機はあまり重要視する必要はないと思います。差別するわけではありませんがアルバイトの場合だと時給が高いとか接客業が好きだからとかそういう理由なのではないかと思います。

もちろんそれでもいいのです。採用側も分かっていることだと思います。しかし、熱意が伝わるような志望動機を書いたとするとより印象がいいものになるのは間違いないと思います。

そんなに重要視してないからと言って何も書かないというのはやめましょう。そんなことをすると逆に面接さえダメになってしまうかもしれません。

次に就職時の場合ですが、企業としてはより会社にあった人材を探し成長させようとしますからそれに見合った人物かどうかを履歴書で判断しなければなりません。その基準になるのが志望動機なのではないかと思います。

自分の技術、スキル、相手の会社の情報を照らし合わせて志望動機を書くようにしましょう。過去の経験を具体的にエピソードとか交えながら書くのもいいと思います

履歴書における志望動機の欄というのはあまり大きなスペースはありませんが、その分簡潔にまとめて担当者に興味を持ってもらえるようにしましょう。

スポンサードリンク
Copyright (C) 2008 履歴書 志望動機の書き方・例. All Rights Reserved.
2style.net