バイト・パートでの志望動機の書き方

アルバイトやパートの面接時にも履歴書を持参していくことが多いと思います。就職時と違うのはアルバイトやパートの場合、採用担当者はそれほど履歴書の「志望動機」のところを重要視していないというところかもしれません。

確かに採用担当者としてはこのアルバイト先を選んだ理由と言うよりは、週何日、何時間働けるかというところを重要視している方が多いかもしれません。

だからといって志望動機の欄をおろそかにしていいて言うことではありません。例えば同じアルバイトでも応募資格があるようなもの、持っているスキルによって高時給に設定されているものなどに関してはその条件や資格、スキルについて記述しておく必要があると思います。

通常は働ける時間帯などを気にするものだと思います。将来社員になりたくて、でもその仕事が自分にできる仕事なのか不安な場合はアルバイトという形式で研修制度を設けている場合がありますので、それを利用してみるというのもいいと思います。

そのときの志望動機としては「自分に合っている仕事を見つけたいと思い、御社を志望しました」などと正直な気持ちを書いてみるのもいいと思います。きっと好印象を持たれることだと思います。

アルバイトでも社員でもどちらにしても将来につながる可能性があるということで履歴書に志望動機を書いてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
Copyright (C) 2008 履歴書 志望動機の書き方・例. All Rights Reserved.
2style.net