それはまるで春の日だまりのようだった

僕は『それ』に手を伸ばした

けっして届くことはないと分かっていたけど

もしかしたら

もしかしたら届くかもと思ったんだ



僕のひだまり・・・







当サイトは二次元創作サイトです

二次元を知らないという方はお引き取り下さい

なおこの先は自己責任で行ってください

不快感をもっても管理人は一切責任をとりません

それでもよろしい方は下のアイコンより入室下さい






2style.net