『人工物』『自然物』『人物』を入れる条件の上で『時間』というテーマ。イヤな課題だ。
懐中時計を持った人形は、死ぬ事はない。
回り続ける針のように続く『生』に絶望し、逝きたいと願っている。
砂時計を抱えた花は、生きる時間が限られている。
それでも、ひっくり返せばまた流れる時間のように命は巡るから、『死』を恐れず、生きようとしている。
以前から温めてたそんな話を背景に込めて描きました。
後に『クレマチス』という漫画として形になりまして、現在は『玩具箱』内に置いてあります。

<戻る>
2style.net