あらすじ

剣道一筋10年、竹刀を振り続けた少年・公典。
廃部だった剣道部を立て直してくれた恩師・ツナの指導の下、
今日もマヨとカツの三人だけの部活動に明け暮れていた。
一ヵ月後に控えた大会に団体で初参加をすることになりはしゃぐ公典たちだったが、
公典の普段の破天荒な学校生活ぶりに校長から出場ストップがかけられてしまう。
出された課題をクリアできれば出場の許可を出してもらえることになったはいいが…



公典 (コウスケ)
フルネームは挟見公典(はさみ・こうすけ)。先鋒。
家族は両親・姉・祖父母。
とにかくマイペースで落ち着きがないが、『精神統一は俺の趣味。こと剣道に関しちゃ神の域だぜ』と
本人がいうように、剣道にかけてはものすごい集中力を見せる剣道大好き少年。
得意なゲームは格ゲー。

綱坂 (ツナ)
フルネームは綱坂海(つなさか・うみ)。顧問。
今年赴任してきた体育教師で、公典・真世・克巳の3少年の実力を見て剣道部を設立した
アクティブな性格。
その若さからか公典になめられてる節がある。
自身も剣道をやっており、学生時代は全国区の選手だった。
趣味はパチンコ。

克巳 (カツ)
フルネームは揚場克巳(あげば・かつみ)。大将。
面を装着している以外は眼鏡がないと落ち着かない。
手ぬぐいと道着を毎日洗う潔癖少年で冷静な性格だが、
公典には振り回されっぱなし。
得意なゲームはシュミレーション系。

真世(マヨ)
フルネームは馬瀬真世(まぜ・まよ)。中堅。
小柄な体格で流されやすく常にテンパッてる子。
3人組の中和剤的?存在。
公典を「ハムくん」と呼んでたり、案外と図太い面もある。
得意なゲームはRPG。


当然のごとく この『無礼奴』に至るまで話が二転三転したので、
キャラ像も微妙に変わってます。
特に一番最初なんか、克巳が公典姉の彼氏だったり真世がもっと普通の男の子だったり、ヒロインが別にいたりしました。
(ツナなんか短髪でもっとヅカっぽかった…!/笑)
その後は大した変更もなくここまで漕ぎ着けましたが、公典だけは内・外面共に最初からほぼ変わらずです。
彼らの名前はサンドウィッチの具に由来してます。名字も関連。

*・*・*

以下、作品を見なきゃわからない解説

・公典の部屋が場面によって2階だったり1階だったりする
 →寝室が2階。庭に出れる1階はお座敷(自分の部屋)。
  友達の家は本当にこんな家でした。
・真世&克巳は毎日 公典宅を通って登下校している
 →単に公典の家が学校に近いだけ。
  (公典は家に近い学校を選んで進学した)
・試合開始時に誰も面をつけていない
 →場面的に言って顔を見せたかったので、面をつけていないことにしました。
  あのあと慌ててつけてます。
・克巳は面をつけている時は裸眼
 →実は目は大して悪くないのです。
  人と直接目をあわせるのが苦手なタイプなので、
  ある種のフィルターとして使用してると思っていただければ。
  裸眼時も面をつけるから平気。

他に話中で違和感を感じられた方は…想像で補って下さい(汗)

*・*・*

デビュー作ということで、初めて世間に発表できた感激でいっぱいの作品です。
今見ると拙すぎて涙が出るほどですが、キャラの活き活きした感じは今でも大好きです。
しかしデビュー作のヒロイン、趣味がパチンコって設定は…どうだろう…!(泣)
お付き合いくださりありがとうございました★

作品備考/05年製作、05年週マガ月例賞入選。06年マガジンSPECIAL2号掲載。

<戻る>

2style.net