村正

むらまさ


室町末期の人、千子村正(せんじむらまさ)』の作品。
怪しく波打つ刃文と、徳川家に災いをもたらせた剣として「妖刀村正」とも呼ばれる。
家康自身も関が原の戦いで、村正で怪我を負い、
祖父の清康、父親の廣忠、長男の信康が村正で討たれている。
真田幸村など反徳川の武将の象徴としても有名。
正宗は美しい刀、村正は切れ味のみを追求した刀として比較されることも多い。





この世にひとつしかない傑作、名刀。どれも国宝級の扱い。(天下五剣)
         
有名な刀工が作った作品。歴史上の英雄もこぞって愛用した。
       
童子切安綱 正宗
鬼丸国綱 村正
三日月宗近 陸奥守吉行
大典太光世 備前長船兼光
数珠丸恒次 虎徹



スタンガン,特殊警棒「護身」TOPへ戻る→

2style.net