シャングリ・ラとは

『シャングリ・ラ』(SHANGRI-LA)は、池上永一による日本のSF小説。2008年に漫画化、2009年にテレビアニメ化された。
近未来の東京都を舞台としており、作者が初めて沖縄以外を舞台にした作品である。東京を舞台に物語を書くため、作者は1998年頃から東京のシンボルを探していた。2003年にヘリコプターで東京を遊覧飛行した際、皇居の森をはじめ東京が緑豊かな都市であることを発見し、森林化した東京が舞台に設定された[2]。2005年、早川書房の「SFが読みたい! 国内篇」で第3位に、「本の雑誌」が選ぶ2005年度のベスト10の第2位に、2006年の「このミステリーがすごい! 国内版」で第16位にランクインした。

マジカル・ギーナとは

アニメ『シャングリ・ラ』内「秋葉原」で人気のご当地アイドル アキバ妖精ギーナのこと。
少女時代の「北条 凪子」がモデル。 「O.S.T.2 」のオレンジカンダラという曲を松元環季ちゃんが歌っている。死ぬほど可愛い。

当サイトはアニメ『シャングリ・ラ』の非公式ファンサイトです。原作者の「池上永一」様及び「GONZO」様、その他各関係会社様とは一切関係はありません。当サイトの内容に関する各機関へのお問い合わせはご遠慮ください。

2style.net